いばや通信

ibaya.ex《いばや》共同代表・坂爪圭吾のブログです。

涙が出るほど自由になりたい。

f:id:ibaya:20190504054653j:plain

 

三重県志摩市国府白浜にいる。サーフィンを初体験した。最高だった。「なんだこれは」と思った。こんなに面白いものが世界にあったのか。なぜ、誰も教えてくれなかった。承認欲求に殺されそうな人や、家族の問題、愛情不足、慢性的な閉塞感を覚える人は、是非、やったほうがいい。多分、全部、吹き飛ぶ。初体験でボードの上に(割と早い段階で)立てたことが自慢だ。自前のボードが欲しい。スーツは一着ももっていないし、欲しいとも思わない。しかし、ウエットスーツなら欲しい。葬式のときは「これが喪服です」とか言って、ウエットスーツで登場したい。

 

おおまかなスケジュール

5月4日 15時 EVENT@三重県志摩市「SURFERS HOME HANA」
5月5日 19時 EVENT@愛知県名古屋市「夜空と月のピアス」
5月6日-10日 FREE!【イベント出演依頼諸々募集中!】
5月11日 昼・群馬県伊勢崎市 夜・FREE!
5月12日-16日 FREE!【イベント出演依頼諸々募集中!】
5月17日 14時 EVENT@東京都杉並区西荻窪「hana」
5月18日以降、FREE!【イベント出演依頼諸々募集中!】
5月26日 15時 定期演奏会@神奈川県横浜市「わたり食堂」
6月2日 15時 EVENT@千葉県千葉市「N-HOTEL」(詳細決まり次第更新)

坂爪圭吾 SCHEDULE on http://urx2.nu/xkMu

 

ibaya.hatenablog.com

 

いいねの数より「いね(去ね)」の数。

f:id:ibaya:20190504054406j:plain

トイレの落書き

 

野営をしながら移動をする。テントを張る。お湯を沸かす。それだけのことが、どうしてこんなにも楽しいのだろう。落ち木を拾う。枝を折る。着火する。焚き火を囲む。肉を焼く。それを食う。それだけの時間に、すべてが、ある。金がないから、食うものは質素だ。しかし、出会う人々が「これを食料に」と、様々な物資をくれる。おかげで、死なないでいられる。私が、青色と、赤色と、金色が好きだ。青と赤は、自分にある色。金色は、自分が『憧れている色』だ。数ある金色のうち、夕日が沈む時に放つ金色と、木々が燃えて炭化する直前に放つ金色が好きだ。

 

道中、高速道路のパーキングエリアで、タバコを吸った。iQOSの営業女性が「iQOSいかがですか」と執拗に勧めてきた。営業トークは大嫌いだ。わたしは「大丈夫です」と最初は菩薩風に答えたが、彼女があまりにも執拗だったので「どんな気持ちで仕事をしているのですか?」と聞いた。多分、彼女は、自分を『仕事ができる女』だとでも思っているのだろう。しかし、俺には、全部、バレている。その、下品な笑顔の仮面をいますぐに外せ。そう思った。営業トークとは何か。社交辞令とはなにか。愛想笑いとは何か。そういうことを思いながら「このひとになんて言えば気持ちが伝わるのだろう」と思い、一緒にいた保科さんと、しばらく検討をした。その結果、俺は、彼女に対して「死ね」と思っていることが判明した。

 

誰だって、過剰な営業トークにうんざりした経験はあるだろう。その際、どのような対応がベストなのか。愛想よく断ればいいのか。しかし、愛想よく断る限り、彼女は、謎の営業トークをこれから先も続ける。私には、彼女の振る舞いが、彼女を幸せにしているようには思えなかった。だから、私は「目を覚ませ!」みたいな気持ちを込めて「死ね」と言いたかった。お前はこんなもんじゃないだろう。と。いいねの数より「いね(去ね)」の数。それが一番大事。だが、こういうやりとりは、反動が大きすぎるためになかなかうまくいかない。うな垂れた私は、車内でMr.Childrenの深海を聞いた。深海は、個人的に『平成一番の名盤』である。【es】の歌詞に「それでも人が好きだよ」とあり、私は、繰り返し首を振り続けた。

 

note.mu

 

わたり文庫『すみわたる夜空のような』

f:id:ibaya:20190504080244j:image

 

今回のわたり文庫無料郵送の一冊は、銀色夏生著作『すみわたる夜空のような』です。この本に「何かがだんだんあいまいに死んでいくようなつきあいよりも、すみわたる夜空のような孤独を」という言葉がある。わかる。めっちゃわかる。それにしても孤独な時期が長すぎて俺は頭がおかしくなってしまったよ、と、思う。仲良くなれるひとと、仲良くなれないひとの違いは、どこにあるのだろうか。自分と似たような孤独を抱えているひととは、仲良くなれるような、気が、する。孤独が、人間を結びつけるのだ。ご希望される方は何かしらの方法で坂爪圭吾までご連絡ください。御当選(?)された方には70万時間以内に折り返しご連絡いたします。

 

※※※ こちらの本は、岐阜県にわたりました ※※※

 

「君へ」
 
君は好きなことを、
好きなふうにやるべきだ。
そのことが他人から見て、どんなに変でも、
損でも、バカだと言われても、
気にするな。
だって彼等は、君の願いを知らない。
君が何をめざし、
何に向かっているのかを知らない。
君は彼等とは違うものを見てるのだから。
あの、強い思いだけを、繰り返し思い出して。
そのことを忘れないで。
 
他人の説教やからかいなど気にせずに、どんどんやりなさい。
けして周りを見たらダメだ。
仲間はいないんだ。すくなくとも途中には。
君はやりたいように、どんどんやりなさい。
やりたいことを。
好きなやり方で。
その行為が同時に君を救うだろう。
その行為は同時に人をも救うだろう。
そのことを忘れないで。
 
銀色夏生「すみわたる夜空のような」【角川文庫】

 

涙が出るほど自由になりたい。

f:id:ibaya:20190504054347j:plain

国府白浜の夕日


男と女について考える。野営の際、女は、正直「足手まとい」になる。トイレがどうだの。シャワーがどうだの。虫がどうだの。だから、基本、置いていく。一緒に行きたいと言われても、邪魔になるから捨てていく。しかし、ひとりになった先、焚き火を囲みながら思うことは、その『女』についてだったりする。置き去りにしてきたものを、ひとりになった時に愛しさと同時に思い出す、自分はなんて身勝手な男なのだろうかと思う。置き去りにしてきたのは自分なのだが、自分もまた「置き去りにされている」感覚がある。片方だけをやることは、できない。傷つけるだけ、とか、傷つくだけ、とか、ない。ひとは、傷つけながら同時に傷ついている。そして、傷つきながら傷つけている。一蓮托生。加害者と、被害者はセットだ。

 

そして焚き火を囲む。ふと思う。俺は、落ち枝にとどめをさしているだけなのに、なぜ、これほど楽しいのか。燃える炎を眺めると、人間の一生を見ているような、気持ちになる。生きて、燃え、灰になる。灰になる直前、息をふきかけると、すべての木々は、黄金色に燃える。ゴールド。召される直前、誰もが、ゴールドになる。おつかれさまの、金メダルだ。遅かれ早かれ、我々は、輝く。遅かれ早かれ、我々は、金色になる。ひとは必ず死ぬということ。iQOSの販売員も、そう遠くない未来に、必ず、死ぬ。目の前にいる人間に対して「ああ、このひとも、遅かれ早かれ死ぬんだな」と思えば、大概のことは許せる。一同、同じ穴のムジナになる。

 

海岸に到着する。色々なことを思いながら、サーフィンを初体験する。大きな波が来る。初心者は、波に対して、直角にボードを構えてバドリングを続け、よし、波に乗ったと思えた瞬間に『飛び乗る』のだと、教わった。大事なことは、思い切りだ。思い切りが足りないと、失敗する。人生も似通っている。波が来る。態勢を整える。全力でパドリングを続け、よし、いまだと思った瞬間に『飛び乗る』。ひょいとボードの上に立ちあがり、しばらく、波の上を走る。生まれてはじめての体感が、全身を包み込む。言葉にならない。それほど長い時間は立っていられないから、絶叫をしながら海に落ちる。五月の海。冷たいが、最高だ。気がつけば、ガッツポーズをしている自分がいた。ガッツポーズのなかには、嬉しさや、楽しさが、ある。嬉しさと、楽しさ。音楽をやっていても思う。この曲はかっこいいなと思う曲は大量にあるが、この曲を聞いていると「うれしくなる」曲は、少ない。わたしは、楽しさと同時に『うれしさ』を、生み出していきたい。その生き方の先に、ガッツポーズが待っている予感を感じさせる、そういう言葉を生み出していきたい。

 

 

f:id:ibaya:20190504054401j:plain

 

人生は続く。

 

坂爪圭吾 KeigoSakatsume
keigosakatsume@gmail.com
SCHEDULE http://urx2.nu/xkMu

 

f:id:ibaya:20190407171032p:plain

LINE ID ibaya