いばや通信

ibaya.ex《いばや》共同代表・坂爪圭吾のブログです。

好きなように生きなさい。

静岡県富士宮市のコメダ珈琲にいる。長野では登山服を着た人々を、山梨ではバイク乗りの姿を大量に見た。登山者は、見ている方も清々しい。彼らは、これから自然に向かって歩き出し、険しい山道を越え、山頂で得る達成感を味わう。モノレールでは味わえない…

踊る。

妙蓮寺駅前のドトールにいる。海外で様々な方々のご自宅にお世話になり、個室を与えられること、部屋にベッドがあることのありがたみを痛感した。いまは、基本、ごちゃまぜの家【誰でも自由に使える家】にいる。これまでは、全室、共有スペースとして開放を…

生きる。

阪急梅田駅前にあるサンマルクカフェにいる。岡山と大阪のライブ出演を終えた。音源は聞くに耐えないけど、ライブだといいですね!もっと歌った方がいいですよ!という声をたくさんいただいた。嬉しかった。明日以降特段予定はない。ライブに出たい。場数を…

鎖国から開国。

34歳の誕生日を迎えた。去年の今頃は、ハワイ島でごちゃまぜの家を作るために獅子奮迅していた。結果、プナ地区で自由に使える土地をご提供していただいたが、数日後にキラウェア火山が大噴火し、すべてが流れた。一昨年の誕生日は、ごちゃまぜの家を作る…

自分を許す。

グラストンベリーのチャリスウェルにいる。四月。新元号も発表された。切り替えの時期だ。イギリスは、いま、猛烈に晴れている。清算の時だ。少年時代が悪かったとか、家族とか、学校とか、昔の恋人が、とか、金がないとか仕事がないとか自信がないとか勇気…

人生とは、自分を楽しませることである。

ブリストルを経由してチェダーにいる。「チェダーチーズ」の、チェダーだ。不思議だ。出会うひと、出会うひと、パンクだ。自分が音楽をやっていることを伝えると、こんな本を授かった。いま、チェダー在住の方のご自宅にお邪魔をしている。家主の女性は、高…

本気を出せないことと、孤独になれないこと。

ロンドンにいる。現在お邪魔しているご家庭の女の子(推定10歳)が、尋常ではなく可愛い。容姿もモデル並みで、なぜか、最近ことあるごとに「Don't judge me!!」と叫ぶ。意味もなく叫ぶ。彼女の語尾みたいになっている。母親「今日のお昼はなににする?」娘…

愛と感謝の先に行く。

ロンドンにいる。二ヶ月前、グラストンベリーという場所で血を吐きながら「死ぬかも」と思った。いま、時は流れて体調も戻り、傍目には死ななかった人間として存在している。しかし、あの時、自分は一回死んだのだ。一回死んで、生まれ変わった。逆に言えば…

共感するな。尊敬しろ。

ロンドンにいる。最近思う。わたしは男性で、女性であるミユさんとバンドを結成した。だからこそ、自分の役割は「男を徹底すること」だと思っていた。自分が男を徹底し、ミユさんが女を徹底する。そのことで生まれる相乗効果が、音楽に力を与えるものだと思…

これがわたしの内臓です。

ミラノを経由してヴェネツィアにいる。ミユさんと合流する。安心感が半端ないのか、毎日すやすや眠れる。昨日は18時間寝た。ミユさんと初対面を果たしたのは今年の1月。まだ二ヶ月も経っていない。一番最初、ミユさんは、わたしに「圭吾さんには欠乏感を感じ…

死ぬなよ。しかし、死を恐れるな。

エジプトのカイロ国際空港にいる。エジプト人とインド人には類似性を感じる。ゆるさに悪気がない。14時間のフライトは快適極まりなかった。横になって眠るため、三列ガラ空きの空席を見つけて誰よりも迅速にそこに移動する。さすれば横になって眠れる。気分…

言葉は音楽になる。

菊名駅前のコロラドにいる。バカと連呼する曲を作った。曲の最後は「バーカバーカベロベロベー」で終わる。電車の中、イヤホンをつけながら聞いていた。ふとしたきっかけでイヤホンが耳から落ち、スマホから直接音楽が流れた。車内に音楽がこだまする。俺の…

道を選ぶということは、安全な道を選ぶことではない。

菊名駅前のコロラドにいる。写真はヴェネツィア滞在時の小生(坂爪圭吾)とミユさん。我々のバンド名は『hill(ヒル)』という。英語で「丘」とか「坂道」の意味がある。端的に、私の名前が坂爪で、ミユさんの名前が美智恵なので、これはサカミチだねという…

悲しむひとがいる限り、俺の仕事は終わらない。

菊名駅前のコロラドにいる。諸事情が爆発をして所持金が二万円を切った。3月16日から一ヶ月弱欧州で武者修行をする。予算は一万円強。宿を一晩確保したら消える額だ。無事に乗り切れるのだろうか。俺はどうするつもりなのだろうか。自作の音楽をSNSに投稿す…

死ぬ気でやれよ。死ぬから。

菊名駅前のコロラドにいる。作曲と読書とちあきなおみにあけくれている。喝采。振り付けを練習する。歌詞がすごい。昭和の曲はやばい。彼女は女優。わたしは蒙昧な豚。子供の頃のように、1日があっという間に過ぎる。このままあっという間に死ぬかもしれな…

涙が出そうになるくらい生きろ。

菊名駅前のコロラドにいる。三日徹夜。夜型になった。生活力は皆無。食事もジャンキーなものを取りたい。昨夜はあきとが焼きそばを作ってくれた。作詞に集中。たった一言を生み出すために13時間くらいかかって「これじゃ確実に破滅する」と思った。寝食を忘…

夢を見るから、人生は輝く。

菊名駅前のコロラドにいる。最近一番びっくりしたことは「キウイは皮ごと食べられる」こと。ごちゃまぜの家は、激烈にありがたいことに全国各地から食材が届く。おかげで無事に生きることができている。お金がない。だけどどうにかなっている。数日前に回転…

強さを持ちたい。

菊名駅前のコロラドにいる。横浜のごちゃまぜの家に戻ると、内海さんが姿を消していた。事情は深く分からないが、神奈川県内の自立支援施設に入所したらしい。これまで、様々な方々から内海さん宛に小包が届いた。が、もう、ごちゃまぜの家に郵送をしてもら…

気持ちのいい生き方をしよう。

ボローニャを経由してミラノにいる。ヴェネツィアで念願のギターを購買した。人生を楽しむコツはシンプルだ。毎日楽しいことをひとつやる。そして、寝る前に「俺、最高だな」って自分を褒める。きっとそれだけだ。最悪なのは、誰かに楽しませてもらおうと思…

俺を愛して欲しいとは思わない。ただ、世界を愛して欲しいとは思う。

リトアニアの首都ヴィリニュスにいる。というのは昔の話で、ヴェネツィアに到着した。巷では「人生は短い」とか「人生は一回きり」などと言われるが、どうしても、わたしの一部が「そんなこと、わかんないじゃん!」と言っている。死んだら終わりと言われて…

生きていると言うことは、大丈夫だと言うことだ。

ラトビアの首都リガにいる。旅と人生は似ている。笑って生きるコツは「ハプニングを楽しむこと」だと思う。出先では色々なことが起こる。ハプニングを一緒に楽しめる人物との日々は楽しいが、逆の場合はストレスが爆発する。成田離婚みたいな話になる。だか…

恥を恐れてやらない自分が、一番の恥だ。

エストニアのタリンにいる。これからの自分は音楽に生きる。おそらく、今後、出会う方々から「音楽の調子はどうですか?」などと五億回は聞かれるのだろう。そして、わたしは、聞かれる度に「うるせー」と思うのだろう。こっちは血を吐きながらやっているん…

逆をやるのは、ど真ん中を射抜きたいから。

ヴェネツィアを経由してロンドンにいる。昔から、自分は『逆をやること』にどうしようもない魅力を覚えている。一般常識と違うことではなく、一般常識と『逆』のこと。右なら左。増やすなら減らす。着飾るなら脱ぎ去る。など。それは、ただの天邪鬼だという…

挑戦しないで、なにが人生だ。

花束を抱えてヴェネツィア行きの鉄道に乗る。隣の席のイタリア人女性が、誰かから貰ったのか、ピンク色のバラの花束を抱えている。目が合い、彼女は微笑む。わたしも微笑む。花があり、花屋に並び、それを買い、鉄道に乗り、待ち合わせをして、花を届ける。…

自分が幸せでいることが、身近な人間を幸せにする。

パリを経由してイタリアのミラノにいる。今朝、両親がただ仲良く過ごしている、それだけの夢を見て泣きながら目覚めた。不思議だ。別に、自分に何をしてくれた訳でもない。ただ、自分にとって大切な人には、不完全だとしても構わないから、幸せそうに生きて…

心はあなたのもとに。

川崎アゼリアのロッテリアにいる。欧州遠征にあわせて「ブタペストの『セ』からはじまる名前の温泉に行って、過去に水着を忘れて入れなかったわたしの雪辱を果たしてください!」と御依頼を受けた。これはもうハンガリーに行くしかない。調べたらブタペスト…

ただ、自分に飽きただけ。

和歌山の紀の川にいる。欧州遠征にあわせて「エストニアのタリンの街並みが大好きなので、もしもエストニアに行くなら写真を撮って送ってください!」とお仕事を受けた。これはもうエストニアに行くしかない。そう思い、2月22日にエストニアに行く。わたしの…

かわいそうな人間なんていない。

大阪のなんば駅にいる。過去記事を発作で削除してしまった。非常にありがたいことにお仕事のご依頼をいただいた。小生、出稼ぎの季節労働者である。欧州行きの旅費を稼がなければならない。仕事の内容は「坂爪さんの淹れた珈琲を飲みたい!」というものと「…

嫌われないように生きるより、潔く、嫌われてしまおう。

みなさまは、誰かに「クソババア」って思うことはありますか??実際に、誰かにむかって「クソババア」って口にしたことはありますか??わたしはあります。昨日、生まれてはじめてクソババアと女性にむかって言いました。なぜならば、クソババアと言いたく…

一歩踏み込む。

昨夜22時過ぎに「坂爪さんといつか話したいです!」と女性M様からLINEが届き、いつかとか言ってんじゃないよと思って「今夜ならいけます!それ以降は死んでいるかもしれません!」と御返事をした。ら、急遽、その日の24時に渋谷駅で落ち合うことになって我々…