いばや通信

ibaya.ex《いばや》共同代表・坂爪圭吾のブログです。

戦う限り、負けない。

菊名駅前のコロラドにいる。雨。寒い。梅雨。湿度。朝5時。雨音で目覚める。テントの中。寒い。お湯を沸かす。湯気。暖気。お湯。飲む。早朝、一番崇高な時間。この時間帯に思ったことが、1日の質を決める(気がする)。戦う限り負けない。なぜ生きるか。…

本当の生き方をすれば、本当の人間に出会える。

静岡県熱海市のデニーズにいる。一応、いま、熱海と横浜で「誰でも自由に使える家」的な活動(?)をやっている。駆け込み寺のように使われることも多く、布団が足りなくなったり、精神的に「無理!」となったとき、私は、野宿をしたり漫画喫茶に行ったり東…

ギリギリ怒られよう。

福岡県久留米市のジョイフルにいる。福岡ドーム(前)ライブも無事に終了した。無事に、などと書いたが、開始5分後に警備員の男性から「許可はとってますか?」と問われ、しっかり怒られる形で終焉した。怒られた、などと書いたが「コミュニケーションを取…

誰かに好かれようと思うな。

大分駅前にあるカラオケにいる。突然ですがAgape(我々のバンド名)名義でドームツアーを敢行することになりました。日本の五大ドームツアーです。第1弾は6月16日(日)朝10時から、福岡ドーム前で開催することになりました。是非、遊びに来てください。ド…

この空があれば大丈夫だ。

愛媛県松山市のドトールにいる。これから八幡浜港に向かい、フェリーで別府に行く。能動的な流刑だ。別府の温泉は多分日本で一番安い。無料温泉も豊富だし、かの有名な竹瓦温泉も百円だ。百円で買える幸せは、他になにがあるだろう。中古本、百円。映画のレ…

捨てたところにも、人生はある。

阪急梅田駅近くのサンマルクカフェにいる。数日前「地上の苦しみなど、ひとときの夢みたいなものだ」というフレーズを本で見た。良い言葉だ。まさにその通りだ。もうひとつ。俺と一緒にいることは、人生を捨てるみたいなものだと女との関係を断ち切ろうとす…

時間なんてない。あるのは記憶だけだ。

大阪府鶴見緑地近くのコメダ珈琲にいる。こどもを好きな理由がわかった。一般論を言わないからだ。誰かと話しているとき、一般論ほど退屈なものはないものはないと感じる。常識がどうだの、普通はこうするものだの、誰かがこんなことを言っていただの、心の…

真理は人を、自由にする。

新潟駅前のドトールにいる。鬼ごっこ。人生が本気の鬼ごっこみたいになってきた。背後には、常に現実という名の死神がいる。捕まったら即死だが、逃げ切れば勝ちだ。死ぬのが先か、有終の美を飾るのが先か。あ、どっちも死だ。なーんだ、いずれにしても死じ…

純粋なまま、汚れて行こう。

新横浜駅前のドトールにいる。あまりにも「ドトールにいる」と書き続けたため、宮城県在住のN様から「これを使ってください」と、ドトールカードが郵送で贈られてきた。宮城県に足を向けて眠ることができない。が、西にも、東にも、南にもお世話になってい…

恥の数だけ、強くなる。

定期演奏会を終えた。短期間で成長(?)する秘訣は、どれだけ恥をかけるか、どれだけ失敗を重ねることができるか、だと思った。恥をかく。失敗をする。つらい。しんどい。消えてなくなりたいと思うこともある。しかし、時を経て、あの体験が「俺を磨き上げ…

世界は一つだけの花。

新横浜駅前のドトールにいる。今週末は横浜で、来週末は千葉でイベントがある。是非、来てネ。今、熱海の家が差し押さえられそうな感じで人生が逼迫してきたが、神社に行くと「澄み渡るなあ」と清廉になる。神頼みでもしなきゃやってられんぞ、みたいな思い…

自分の正義のために。

静岡県三島市のデニーズにいる。欧州には安楽死が合法化されている国がある。先日、知人が、自らの意思で安楽死を選び、死んだ。倫理的な問題も、あるのだろう。ただ、彼に対して「死ぬなんて勿体無い」とか「生きていればいいことがある」ということは、無…

弱さは、希望だ。

熱海の逢初庵にいる。逢初庵は、約四年間「誰でも自由に使っていい」と、無料で開放してきた。諸事情により、この無料開放を、昨日で終わりにした。恋愛と同じで、なぜ、別れたのかと問われても「それは当事者にしかわからない」事情がある。芸能人が離婚を…

逃げない。晴れ晴れと立ち向かう。

新横浜駅前のドトールにいる。写真は鴨川。諸事情が爆発して非常にセンチメンタルになっていた。男と女。永遠のテーマだ。自分は男だから「女は好きだけど話が長いから面倒臭い」とか「女の寿命が長いのは、男の命を吸い上げているからだ」とか、色々思う。…

無難に生きるより、やりたいことをやって死のうよ。

京橋駅前のサンマルクカフェにいる。今日、明日、関西でおはなを配る。成功者になりたいわけじゃない。ただ、挑戦者ではありたい。闘って負けることと、闘わないで負けることの間には、天地の差がある。他人の視線以上に、自分が、自分を軽蔑する視線に耐え…

目に見える成果と、目に見えない成果。

菊名駅前のコロラドにいる。ごちゃまぜの家の離れの離れに、モバイル茶室を作った。躙口(にじりぐち)もある。2畳の広さである。横浜の住宅街とは思えない竹林感が素晴らしい。茶室にもなれば書斎にもなる。時には懺悔部屋にもなる(一応、内側から鍵もか…

大切なものは、大切にするほど、大切になる。

渋谷区松濤のカフェ・ベローチェで、コーヒーフロートを食べている。先刻まで「おはなをあげる」と銘打ち、希望者におはなを配る営みをした。渋谷在住の女性から「おはなをください!」と連絡をもらい、手渡しをしたら「実は最近仕事がつらくて心も体も荒み…

涙が出るほど自由になりたい。

三重県志摩市国府白浜にいる。サーフィンを初体験した。最高だった。「なんだこれは」と思った。こんなに面白いものが世界にあったのか。なぜ、誰も教えてくれなかった。承認欲求に殺されそうな人や、家族の問題、愛情不足、慢性的な閉塞感を覚える人は、是…

楽しみたい。それだけだよ。

新横浜駅前にあるドトールにいる。明日から軽自動車に野営道具を積載し、男三人で三重県志摩市を目指す。道中「野点カンタービレ」と銘打ち、野点コーヒーをご所望される方に振る舞いたい。4日は海岸沿いでイベントが開催される。サーフィンも可能というこ…

すべてを知れば、すべてを許せる。

菊名駅前のドトールにいる。5月4日に三重県志摩市で、5月5日に愛知県名古屋市でイベントに出る。わたしに人望がないために、来場予定者数はかんばしいの真逆にある。告知や宣伝があまり得意ではなく「誰も来なければ来ないで味わいがある」など、すぐに考え…

どうでもよくなるんだよ。全部。

菊名駅前のドトールにいる。最近はもっぱらテントにいる。雨は嫌いだが、雨音は好きだ。読書がはかどる。晴れた朝、鳥の鳴き声で目覚める。雀やウグイスが、テントの前で騒ぐ。わたしは凝視する。鳥は奇跡だ。こんな生き物を作り出した神様はすごい。テント…

好きなように生きなさい。

静岡県富士宮市のコメダ珈琲にいる。長野では登山服を着た人々を、山梨ではバイク乗りの姿を大量に見た。登山者は、見ている方も清々しい。彼らは、これから自然に向かって歩き出し、険しい山道を越え、山頂で得る達成感を味わう。モノレールでは味わえない…

踊る。

妙蓮寺駅前のドトールにいる。海外で様々な方々のご自宅にお世話になり、個室を与えられること、部屋にベッドがあることのありがたみを痛感した。いまは、基本、ごちゃまぜの家【誰でも自由に使える家】にいる。これまでは、全室、共有スペースとして開放を…

生きる。

阪急梅田駅前にあるサンマルクカフェにいる。岡山と大阪のライブ出演を終えた。音源は聞くに耐えないけど、ライブだといいですね!もっと歌った方がいいですよ!という声をたくさんいただいた。嬉しかった。明日以降特段予定はない。ライブに出たい。場数を…

鎖国から開国。

34歳の誕生日を迎えた。去年の今頃は、ハワイ島でごちゃまぜの家を作るために獅子奮迅していた。結果、プナ地区で自由に使える土地をご提供していただいたが、数日後にキラウェア火山が大噴火し、すべてが流れた。一昨年の誕生日は、ごちゃまぜの家を作る…

自分を許す。

グラストンベリーのチャリスウェルにいる。四月。新元号も発表された。切り替えの時期だ。イギリスは、いま、猛烈に晴れている。清算の時だ。少年時代が悪かったとか、家族とか、学校とか、昔の恋人が、とか、金がないとか仕事がないとか自信がないとか勇気…

人生とは、自分を楽しませることである。

ブリストルを経由してチェダーにいる。「チェダーチーズ」の、チェダーだ。不思議だ。出会うひと、出会うひと、パンクだ。自分が音楽をやっていることを伝えると、こんな本を授かった。いま、チェダー在住の方のご自宅にお邪魔をしている。家主の女性は、高…

本気を出せないことと、孤独になれないこと。

ロンドンにいる。現在お邪魔しているご家庭の女の子(推定10歳)が、尋常ではなく可愛い。容姿もモデル並みで、なぜか、最近ことあるごとに「Don't judge me!!」と叫ぶ。意味もなく叫ぶ。彼女の語尾みたいになっている。母親「今日のお昼はなににする?」娘…

愛と感謝の先に行く。

ロンドンにいる。二ヶ月前、グラストンベリーという場所で血を吐きながら「死ぬかも」と思った。いま、時は流れて体調も戻り、傍目には死ななかった人間として存在している。しかし、あの時、自分は一回死んだのだ。一回死んで、生まれ変わった。逆に言えば…

共感するな。尊敬しろ。

ロンドンにいる。最近思う。わたしは男性で、女性であるミユさんとバンドを結成した。だからこそ、自分の役割は「男を徹底すること」だと思っていた。自分が男を徹底し、ミユさんが女を徹底する。そのことで生まれる相乗効果が、音楽に力を与えるものだと思…