読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばや通信

ibaya≪いばや≫共同代表・坂爪圭吾のブログです。わっしょい└( ^o^ )┐

居場所とは、自分自身である。

マウイ島のハナという地域まで車を飛ばす。適当なベンチの側に、電源もあればシャワーもついている公園を見つける。「ここで暮らそう」と思い立ち、波音を肴に果物を貪る。不思議な感覚になるけれど、コンクリートに包まれた豪華な客室で眠るよりも、海や森…

仕事は好きだけど労働は嫌い。

マウイの朝は早く、早朝5時から営業をしているカフェも多い。夜の8時には営業を終了してみなさま眠りにつかれるみたいで、日の出と同時に活動をはじめ、日没と同時に活動を終えるライフスタイルは素敵だな(ひととして自然だな)と思う。今回のマウイ滞在…

カラフルでご機嫌な世界を生きるために。

「ここは楽園か!」と叫び出したくなるほどの絶景が広がっていた。標高3,000メートルに位置する、マウイ島ハレアカラ火山のキャンプサイトにテント道具を借りて向かう。結論から言うと最高で、静かな森の中にテントを張って横になるだけで「包まれている…」…

仕事なんてしている場合じゃない、遊べ!

ホノルルを経由してマウイ島にはいる。奇跡的に、知り合いの知り合いの知り合いの旦那さんのお母さん【要するに他人さま!きゃー!】がマウイにご在住で、得体の知れないわたしのような人間の寝床は確保をされた。マウイ島のホテル代は高い。どうしたって一…

何か新しいことをやる時に、もっともらしい理由なんていらないんだ。

暇だからブログを書いちゃう。昨日、東京で開催されたトークイベントに登壇(?)をした。ごちゃまぜの家を企画しているからなのだろうか、坂爪さんはどんな家庭で育ったのですかとか、両親や兄弟とは良好ですかとか、家族にまつわる質問を頻繁に受ける。こ…

クソガキのままでいたいよ。

月曜日の夜に羽田空港を出てハワイのマウイ島に向かう。当方、ごちゃまぜの家なるものを企画している身としては、マウイ島でも「(家は無理でも)自由に使わせていただける土地」と奇跡的に出会うことができたら最高にうれしいなあと思う(あてはありません…

罵倒されても大丈夫。ひとを罵倒するひとよりも、面白い目に遭えている自信はある。

13日(木)に菊名駅の物件を10名の同行者と共に、14日(金)に大阪府豊能郡能勢町の物件を20名の同行者と共に内覧をした。どちらもロケーション的には最高の環境だったけれど、確定するまでははっきりとしたことは何も言えない。平日の昼間にこれだけの参加…

一夫多妻制を凌駕するネオ概念「一夫八百万妻制(通称『やおよろぷ』)とは何か。

今回の記事は基本的にギャグなのであまり深刻に受け止めないでください(でも本人的には結構真面目です!)。クラウドファンディングの支援金額が300万円を突破して「これはいよいよ来るところまで来たな」的な気持ちになっている。今日は菊名の物件を、…

百点満点のテストで、一万点くらい取りたいんだ。

ごちゃまぜの家が新しい展開を迎えた。神奈川県の菊名駅と、大阪府の豊能郡に最高の空き家があるという情報をいただき、13日(木)に菊名駅、14日(金)に大阪の物件を内覧させていただける運びになった。大阪の家は30人以上は泊まれる広さがあり、山や畑も…

無難な道を選んではいないか。こころの底から「これは最高だ!」と思えてはいるか。

クラウドファンディングがとんでもないことになっていて震えた。昨日はわたしの32歳の誕生日だったのだけれど、なんと、100万円をダンクしてくれた神様が登場した。こんなに大金をダンクしてくれたにも関わらず、その方は「誕生日おめでと〜!面白いこ…

「ひととの繋がり」があれば人間は死なない。

昨日は「愛知県名古屋市在住のそこはかとなく風邪気味の女性のために柑橘系の果物を届ける」というミッションを遂行した。わたしは自分自身を開放する(お願いされたことはできる限りやるようにしている)日々を過ごしているのだけれど、この日も「おおおお…

世界平和は「はな歌」から。

昨夜、クラウドファンディングを公開した。翌朝には既に30万円を超える支援が集まっていて、嬉しさと、それを超える驚きを感じた。この驚きの感情は別の何かに似ているなと思って、あ、この感情は「恐怖だ」と思った。ひとは、自分でも気づかない内に自分…

誰かのためとか言っていないで、自分のために生きること。

3泊4日のファスティングデイズも無事に終わり、いま、東京ドームのすぐ近くにあるデニーズにいる。非常に驚いたことに早朝7時からデニーズはほぼ満席で、おそらく、競馬が大好きなのであろう男性陣が新聞を片手にたむろしている。隣に座っているおじさん…

人生を楽しむコツは、どれだけバカなことを考えられるかなんだ。

小生、坂爪圭吾は自分自身をフリー素材として開放をしてみなさまに自由に使っていただく「わたり人間」なるものを敢行しているのですが、先日、栃木県那須郡在住の女性N様から「坂爪さんにファスティング【リゾート断食】を体験していただきたいです!」と…

自分の中にある「美しい部分」を信じること。

日本のロンドンでおなじみ新潟県新潟市内に到着をした。わたしは「おしゃれであること」が非常に重要だと思っているタイプの人間で、新潟県もファッショナブルな和式都市になることに注力をすれば、充分にヨーロッパ諸国と張り合っていけるような気がする(…

本音の中に音楽がある。

Cymbals「I’m A Believer」を聴きながら街を歩く。昔から、どうして本音とは『本当の音色』と書くのだろうかとか、どうして闇という漢字の中には『音』がはいっているのだろうかとか、考えても仕方のないことを考えることが好きだった。わたしは音楽が好きだ…

いいひとをやめると楽になる。

伊勢神宮を経由して大阪にはいる。おとといの夜、伊勢神宮の内宮の真ん前にある宿に宿泊をさせていただいた。ほんとうは朝の6時頃に鳥居から登る朝日を眺める予定だったのだけれど、朝5時頃に一旦目覚めたものの「美しい風景よりもいまは睡眠を大事にした…

ちゃんとしなさいの「ちゃんと」とは何か。

静岡県浜松市在住のお母様から「こどもと一緒に遊んでください!」というご依頼をいただいた。今回のポイントは「こどもの面倒を見てください!」とは言われていないことで、こどもの世話をすることはできないけれどこどもと一緒に遊ぶことはできると盛り上…

人生とは、ファナティッククライシスである。

前回の記事で「人生とは、純度の勝負である」と書いた。純度界における最大のライバルは赤ちゃんの頃の自分自身だと思っている。見よ、このクリクリッと麗しい瞳。ぽっちゃりとした頬。ぷるんと艶やかな唇。これから髪の毛を切られようとしている現状に対す…

人生とは、純度の勝負である。

初対面の女性から「キスをしてください!」と言われたことははじめてだった。トークイベントなどに出演をした後、参加者の方から「握手をしてください!」とか「ハグをしてください!」などと言っていただけることは頻繁にある。こういう瞬間はうれしい。握…

人生とは、自分を楽しませることである。

神奈川県秦野市で開催されたトークイベントに登壇をした。会場になりました「手打そば くりはら」さんの雰囲気とお蕎麦が最高で、半人前【私】が一人前を三人前も食べてしまった。誰かに無理やりでも食べさせたい蕎麦屋さんを尋ねられた時は「くりはら!」と…

どうにかなるから大丈夫だよ。

熱海から車で長野県松本市に向かう。前回のブログ記事で「長野県松本市に行くので、おはなが欲しい方はご連絡をください!」的な投稿をいたしましたところ、非常に驚いたことに10名近くの方から連絡をいただきました。わたしは、大量の連絡がくるとすぐに…

自分を殺してひとに好かれるくらいなら、自分を出してひとに嫌われるほうがずっといい。

明日3月13日(月)に長野県松本市までおはなを届けにいくだけに行くことになりました。熱海から松本までの交通費が手元になくて(最近の爆買いでいろいろなくなった)どうしようかなと思っていたら、ロゼカンパニーの嘉向徹さんと保科亮太さんが車を出してく…

生きるために必要なもの、それは安心感だと思う。

女性物の下着はどれくらいの値段がするのですかと聞いてみたいけれど聞けない。昨日、100%シルクの真っ赤なふんどしを購買した。五千円近くもしたので、全身をぷるぷるさせながら購買をした。先日、関東在住の女神K様から「さかつめさんの活動を応援したい…

「センスのある無駄」をする奴が新しい。

若干13歳のえりか姫は学校に通う代わりに喫茶店の仕事を手伝い、そこで美味しい珈琲の淹れ方を習得した。現在は「どこでも必要とあらばスーツケースに珈琲道具を詰めて淹れに行きます‼︎イェア‼︎」的なことをはじめていて、今月末のわたり食堂にも遊びに来…

自分を生きる人間を、神様は困らせたりしない。

Facebookで突然イベントの招待を送りつけてくるひとはいったいどういう神経をしているのだろうか、心を込めて個別に連絡をしたほうが信頼を損なわずに済むんじゃないのだろうかと、おお、おお、おおおおっといけない、こんなことを言ってしまっては世間的な…

居場所とは、場所ではなくて人間だ。

私の故郷は新潟県で、高校の同窓会などでは「坂爪たちはおかしなことをやっているけれど、あのひとたちの頭は大丈夫なのだろうか」と心配をされているらしい。私は、もう、同窓会に呼ばれるような存在ではなくなってしまったために、久方振りの世間の声的な…

まずは自分を救え。

神戸の挙式に参列をする。教会に向かう。音楽がかかり、扉が開く。ウェディングドレス姿の花嫁と白いスーツの花婿が入場をする。それぞれの視点から、ひとりひとりが見つめている。ゆっくりと歩く。この日限りの光の粒子が、空間全体を包み込む。微笑もうと…

生きることを諦めてしまわぬように。

小沢健二の「天使たちのシーン」を聴きながら道を歩く。熱海駅から東海道新幹線に乗って、兵庫県の西明石を経由して、奈良県大和郡山市に向かっている。明日は奈良市内で開催されるイベントに登壇(?)をして、明後日は結婚式にご招待をいただいたので私服…

「頑張って」を超える言葉。

誕生日の数字を足して『7』になるひと(7日、16日、25日生まれのひと)はドラゴンテイル【頭がない尻尾だけの龍】と言われるみたいで、正道よりも覇道を好み、感情や行動がグワングワンとしているために周囲や世界を震撼させる。誕生日の数字を足して…

遊びをせんとや生まれけむ。

多動症が爆発をして、熱海の家を飛び出しました。じっとしているのはおじいちゃんになってからでいいのだと。風邪だろうが何だろうがやりたいと思ったことはやる、行きたいと思った場所には行く、会いたいと思ったひとには会うのだと。必要なことは、私の場…

手に入れるより「手を離す」こと。

土に還るまでが人生です。引き続き風邪をこじらせておりまして、元来多動症的な私は「これもひとつの修行なのだろう」 ということで、じっとしている練習をしているのですが見事にダメです。ギターを弾いたり部屋の掃除をしたりこうしてブログ記事を書いたり…

わたしの教育方針「10歳成人説」

熱海の朝日が綺麗でした。風邪をひいたことで風邪をひいているひとの気持ちにいますごい寄り添えるところまで来ております。野口整体の世界では、風邪をひいたら「おめでとう!」と言われるのだそうで、風邪をひかないボディは健康体になりますが、風邪を『…

今世は諦めてください。

奈良県の雪山で遭難をしたばかりの保科さんが車で高知に来る。私たちは合流をして、高知県から愛媛県大洲市に向かう。大洲市在住のC様と合流をして、おはなとチョコレートを渡す。昨夜はC様のご自宅に宿泊をする。広い、広い、自然に囲まれた本当に素晴ら…

マイナスに賭ける。

ボロは着てても貯金は五億。前回のブログ記事で「高松に行くけれど、宿はない」と書いたところ、それを見てくれた香川県在住のK様から「坂爪さんさえ宜しければ、おすすめの宿【ゲストハウスまどか様】を予約させていただいてもよろしいでしょうか」という…

正しさよりも「楽しさ」だ。

「趣味は自爆です」と言えるくらいには疲れていた。富山県・石川県・福井県を経由して大阪にはいる。連日の移動で気力も体力も財布の中身もスッカラカン、さて、これからどうしようかと思っていた矢先に「もしよかったら我が家に泊まりに来ませんか?」とい…

置き去りにしてゆくもの。

くるりのハイウェイを聴きながら街を歩く。その歌詞に「飛び出せジョニー気にしないで、身ぐるみ全部剥がされちゃいな」とある。好きな音楽に触れると、心が踊る。ああ、そうだよなあという気持ちになる。何もかもを失ったとしても、別に、構うことはないの…

恐れていることをやりなさい。

新潟県新潟市生まれの坂爪圭吾のカルマ【業】のひとつに「おはなをあげる」というものがありまして、この度も「世界各国のみなさまに無料でおはなを配りたい!」という願望がふつふつと湧いてまいりました。一遍上人の踊り念仏(踊り狂うことで執着や煩悩を…

何もしないという強さ。

先日、熱海の家で「わたり食堂【0円食堂】」が開催された。あらゆるものを無料で楽しめる食堂ということで、当日は、あらゆる食材に加えてマッサージや占いや軽いヨガの講習などが即興的に行われた。当日は、東京在住のヨガの先生が遊びに来てくださり、そ…

自分を許せていない時、ひとはひとを許せなくなる。

早咲き日本一とも言われている、熱海の桜は満開を迎えました。1月29日(日)熱海の家で『わたり食堂』を開催します。食事やドリンクや各種サービスはすべて無料【0円!】、理由は「みなさまの善意で成り立っているから」というこの世の奇跡みたいな催し事で…

弱さは、希望だ。

静けさを身にまとうものが好きだ。数年前、北欧の街々を訪れた際に「この場所は、街全体が静けさを着こなしている」と感じた。コンビニやレストランでは過剰なBGMやアナウンスが流れることは少なく、生活の音だけが空間に響く。落ち着くということは「自分の…

最高の健康法は「怒らない」こと。

果物を食べていると「フレッシュ!」と叫びたくなる。タイから帰国してからというもの、すこぶる体調がよい。体が軽い。多分、1日の最初に口にいれるものは「果物!絶対に果物!」という実験が功を奏し続けているからだと思う。感覚的に、空きっ腹に果物を…

生きているひとには、話せないこと。

生きているひとには話せないことがある。こんな気持ちをぶちまけてしまっては、聞くひとの心を不快にさせてしまうかもしれない。迷惑をかけてしまうかもしれない。傷つけてしまうかもしれない。何よりも、また今日も伝わらなかったという思いが、自分の心を…

楽になる道が正解だよ。

バンコク最大の個人的名所を教えていただいた。BTSオンヌット駅からソンテウに乗ること20分弱、お寺の中にあるハーバルサウナ(利用料金60バーツ【タオル&サウナ用の服込み】)である。「こんなところに、こんなものが!」ということで、暑い国で暑い場…

何をしてもいいし、何もしなくてもいい。

海外旅行中の日本人男性三人から声がかかり、クアラルンプールからランカウイ島に飛ぶ。カフェで合流をして、食事と飲み物をご馳走してもらう。海岸線を歩く。水着を買う。海にはいる。不思議な感覚を覚える。カフェで(言葉だけを使って)話をしている時よ…

求道の道は道楽の道。

ドラゴンフルーツとパパイヤの反復横跳びを繰り返している。食べ過ぎを抑える(夕食以外はすべてフルーツで済ませる)ことで肉体も精神も軽い。昨日は、クアラルンプールで登山をした。海外で登山をするのは最高だと思った。軽い筋肉痛に苛まれているものの…

真面目に考え過ぎないで、遊べ。

昨日、あまりにも素晴らしい出来事が起きた。 私は、いま、お年玉を受け取りたい【お年玉を通して生まれる人間関係を構築したい】がために気持ち地球を一回転する覚悟で「お年玉をくださいツアー」を自主的に敢行している。日々の濃度が高く、非常にありがた…

つながりを作るのが人生。

熱海から東静岡の温泉を経由して名古屋に向かう。先日から「お年玉くださいツアー」を敢行している。呼ばれた場所なら何処にでも足を運ぶというこの企画を通じて、明日は関西方面、明後日はクアラルンプールに飛ぶ。お年玉そのものが欲しいというよりも、お…

ひとは、今を生きる限り幸せになれる。

Mr.Childrenの口笛を聴きながら歩く。空には三日月が輝いている。三日月の横には、口元のほくろのように小さな星が明滅をしている。家のない生活をしていた頃、生きる気力をなくした時は「好きな歌を歌う、好きな道を歩く、好きな人を想う」ことが効果的だと…

生きろより「生きたい」

熱海の空は晴れ渡っている。大晦日だ。私の故郷は新潟県で、新潟の冬はひたすらに曇天が続き、太陽が顔を出す日は一ヶ月に一日分程度しかない。新潟では、雨や雪が止んだ状態を「晴れた」と言う。どれだけ頭上に曇天が厚く低く広がっていようが、雨や雪さえ…