いばや通信

ibaya《いばや》共同代表・坂爪圭吾のブログです。

せっかく生まれてきたのだから、思い切り傷つこうよ。

素晴らしい連絡が届いた。今年の三月に初期の乳ガンと診断され、全摘の予定だったT様が「手術は嫌だけど、二ヶ月先だからその間にやれるだけのことをやろう」と思って過ごしたら、今週のPET検査でガンが減ったことがわかった。食生活を変え、あれだけ好きだ…

バラバラに生きるのは簡単なんだよ。

私に十分な信仰心があれば、何が起きても神様が導いてくださると強く思えるのだろう。熱海の家に加え、横浜の家も存続の危機を迎えた。住人が一斉に引っ越すこととなり、継続の危機だ。横浜の家は貸家で、毎月の維持費に20万円程度が必要になる。母屋とは別…

弱さは、さらけ出すほど強さになる。

覚悟があるからやるっていうより、やりながら決まっていくのが覚悟なのだと思う。だから、覚悟なんてなくてもいいから、はじめちゃいなよ。勇気もなくていいし、自信もなくていいし、お金もなくていい。馬鹿にされてもいいし、失敗したって何度でもやり直せ…

挑戦も対決もない人生は、寒過ぎる。

運を動かすと書いて運動。運動をすると運が動く。運動をしないと運も気も停滞したままだ。免疫力を高める方法は五つあると言われる。ファスティング。笑う。感謝。ロングブレス。運動。そして五つの浴も有効だ。森林浴。日光浴。月光浴。海水浴。温泉浴。こ…

答えはずっと昔から出ていた。やるしかない。

コロナワクチンなんて言うけど、コロナこそワクチンだと思う。ガンという病気には血液の浄化装置としての役割があるように、すべてに役割がある。ガンだけを摘出しても転移を繰り返すのは、問題がウイルスにあるからではない。我々の体に問題がある。解熱剤…

人間を救うのは言葉だ。

自分に何が起きているのかが分からない。脳みそが切り替えられ、意識が途端に変化した。あれだけ中毒をしていたタバコや甘いものをまったく欲しいと思わなくなり、禁断症状も全然ない。禁煙なんて絶対無理と思っていた。やめるためには2年間ほど刑務所にぶち…

生きているだけでいい。それ以外はおまけだよ。

大好きな珈琲を思いつきで辞めて一週間経ち、バタフライエフェクトのように人生が大きく動き出した。淹れてから時間が経った珈琲はすえたような酸化した味がする。要するに不味いのだが、あれが体内で行われているのかと思ったら「ちょっと飲むのを控えてみ…

人間を肯定する。人生を肯定する。

苦節36年。やっと曲が出来た。曲が出来ると、苦しみの日々も報われる。まるで神様から「最初からお前は成し遂げることを知っていたから、ほっといてやったんだよ」と言われているみたいだ。苦しみがあるから喜びもある。どれだけ生きても孤独には慣れないが…

永遠にそのままで行け。

アスファルトの上でのたうちまわるミミズを見た。土の中にいればいいのに、日陰にいたらいいのに、そのミミズはアスファルトの上をもがきながら移動していた。なんでそんなことをと思ったが、死なないために生きているわけじゃないと全身で叫んでいるように…

やっちゃいけないことこそ、やれ。

弱さを武器に脅迫をするな。あなたがいなければ生きていけないと泣きつく行為は、弱者の振りをした脅迫行為だ。自分の弱さを武器に相手を脅迫している。弱さは凶器になる。甘えは凶器になる。叶恭子を思い出せ。恭子さんは、グッドルッキングガイから「君を…

愛とは、一人でも生きていけるようになること。

高く飛ぶためには、思い切り低くかがむ必要がある。停滞に感じる時期がジャンプ前には必要で、人生のステージが変わる時期は異様に眠くなったり興味の対象が移り変わる。きっと今、多くの人々が「ジャンプ前の停滞」を感じている気がする。夜明けは近い。変…

嫌な人のためにやめないで、好きな人のために続けてください。

愛は無条件。親から愛されればとか、経済的な安定があればとか、自信や能力や才能や造形的な美しさがあればとか、そういう条件は全部嘘だよ。日頃の行いがいいから太陽は私たちを照らす訳じゃない。行いがいい人にも行いが悪い人にも、木漏れ日は優しく降り…

全部許す。憎まない。

どう生きるかより、どう遊ぶかだろう。泣くか笑うかを決めるのは自分だろう。こどもの仕事が遊ぶことならば、おとなの仕事はもっと遊ぶことだろう。いいことばかりじゃ半分で、本当のいいには悪いもあるのだろう。毎日がゴールで、毎日がスタートだろう。自…

明るく楽しく絶滅しよう。

熱海から横浜にバイクで向かう道中、タイヤと諸事情が爆発した。私は電話をもっていない。ロードサービスを頼めない。だが、これをアンラッキーとは認めない。今、ここでパンクをしたことをラッキーだと思おう。あらゆる手段を駆使して無事に乗り越えた。電…

そっちじゃない。こっちだ。

生きたいと思う世界を創造すること。本当は満足できていない状態を正当化するのではなく、より高い価値観を生きること。自分の価値を低く見積もるのではなく、自分の中にある美しい部分を信じ、それを引っ込めるのではなく前面に押し出して生きること。愛し…

そのまま、よくなっていこう。

決めつけは良くない。自分は結婚に向いていないとか、自分は起業に向いていないとか、自分は歌うことや踊ることは向いていないとか。そうかもしれないけど、そうじゃないかもしれないじゃないか。一回くらいやってみようよ。軽いノリだと無責任に見えるかも…

冒険、歓喜、福音に満ちた人生を。

横浜にいる。私はO型だからなのかなんなのか、すぐにどちらでもいいということを思う。でも、本当はそんなことはない。どっちでもいいだなんてないんだ。自分を見つめ直す。それは選び直すってことだ。本当は強いこだわりというか強い憧れがあるはずだろう…

I LOVE YOU それ以外に言うことはない。

沖縄最終日。緊急事態宣言諸々で、これまで以上に人々が不安や恐れベースに生きるようになる。だけど、愛を忘れるなよ。死なないために生きてるんじゃなくて、明日死んでも後悔しないように生きるんだよ。何度でも思い出そう。天国に持っていけるものは愛し…

コアに向かう旅。

国頭村の海岸にいる。何処の県に行っても都市部は大体同じ感じだが、奥に行くほど魅力的な風景が展開する。多分、人間も同じだ。表面だけ見れば結構似たり寄ったりだが、奥までまさざしを深めると必ず面白い部分と出会う。表面だけではわからない魅力が深部…

人にはそれぞれトラウマがあるから、憎んだり羨んだりするのは違うよ。

奥武島最終日。マスクって何のためにしているのだろう。コロナから身を守るためというより、人間から身を守るために思える。私は、コロナより集団心理が怖い。ある日、偉い人が今日からマスクを外して良いですよと通達した途端、多くの人々が意気揚々と外す…

いまを精一杯生きるんだよ。

自然界の嵐が沈殿した塵や埃を吹き飛ばし、浄化作用にも似た新しい変化をもたらす。人生の波に翻弄されているような時も、それは必要だから起こっている。必要ないものや古くなったものを捨て去り、ハリケーンのように目まぐるしい変化を目の当たりにしても…

世界が俺だけじゃなくてよかった。

奥武島のテント生活も三日目に入った。基本的に野晒しだが、日々の充実度は高い。快適な家にいる方が憂鬱で、不便な野外にいる方が活発になるのが不思議だ。材料は現地調達になるため毎日ギリギリだが、いよいよ食べるものがなくなったぞとなったタイミング…

輝くことを自分に許可する。

久米島にいる。気がついたら真っ白な禊の装束に身を包まれていた。昨日、譲り受けたものだ。私はこれから白装束を着た状態で奥武島にあるキャンプ場に10日間程度滞在する。出来ることならば皆様に遊びに来て欲しいと願っている。外で食べるご飯は美味しい。…

やりたいことは、全部やろう。

新横浜駅のドトールにいる。久米島在住の方から「誕生日をお祝いしたいのと、4月18日に開催されるイベントに出て欲しいので来てください。片道交通費は出します。無料のキャンプ場があるので18日まで生き延びてください」と連絡をいただき、明後日から沖縄に…

嫌なことやって生きるより、やりたいことやって死のうよ。

大阪から横浜まで急遽とあるブツを運ぶ護送案件の依頼を受け、大阪にいる。与那国では島の別れに遭遇した。春は出会いと別れの季節とも言う。だが、正確には別れと出会いの季節だと思う。別れが先で、出会いはその後。なんだってそうだ。捨てるが先で得るは…

自分を一番否定していたのは自分だった。

久米島を経由して那覇の牧志にいる。久米島ではN様にご招待いただき、小規模なイベントが開催された。N様は、過去にネイティブアメリカンの聖地シャスタのガイドをしていた。私はネイティブアメリカンが好きだ。前に「子育てで重要なことは二つ。翼を与え…

やりたいなら、やろうよ。

与那国島の商店でカップラーメンを買おうとしたら、店内のラジオで「私は50代の女性なのだけどダメージジーンズに興味がある。だけど年齢が年齢だから履くことに抵抗があるのだけれどどう思いますか?」みたいな人生相談が流れていた。安くて量の多いカッ…

大事なことは、出発することだ。

黒島を経由して石垣島にいる。明日は船で与那国島に行くのだが宿泊先が決まっていない。ブログを書いていると時折「死ね」と言われる。いわゆる誹謗中傷という奴だが、安心してくださいと言いたい。お前に死ねと言われなくても、私は必ず死ぬ。死なないよう…

生きられるだけ生きて、ああ愉しかったと野垂れ死ぬぜ。

波照間島の海岸にいる。明日から黒島と与那国島と久米島に行く。非常にありがたいことに「片道交通費だけ出すので来てくれ」と言っていただけたのだ。与那国島は日本最西端の島で隣は台湾だが、S様から「台湾に住むゴダ(私の友達)に愛を叫んで来てくださ…

全部やろう。人間の全部。

石垣島の民宿にいる。今回の旅路のメインは明日からの波照間島で、3月25日以降は人生的に予定がない。基本的に呼ばれた場所に移動をする生活をしている。そこで誰かに会うこともあれば「私の代わりに行ってきてくれ」と身代わり旅行をすることもある。財布も…