いばや通信

ibaya.ex《いばや》共同代表・坂爪圭吾のブログです。

人生とは、自分を楽しませることである。

f:id:ibaya:20180106091811j:plain

 

乱世を生き抜くためにテントで暮らしている。これはある種の訓練である。もしも自分の人生が完全に行き詰まった時は「森にテントを張って静かに暮らそう…最近はタイニーハウスとかもあるから10万円くらいで小屋も建てられるみたいだし…仕事のひとつくらいはあった方がいいんだろうな…手に職をつけよう…こんな自分にもできることなんてあるのかな…ああ…そうだ…森で占い師とかやっていたらそれっぽいから占いの勉強でもしておこう!!」ということで、突発的に『さかつめ占い』をはじめました。

 

twitcasting.tv

 

私は人格的な欠陥を抱えているので、このひとは好きだと思えば全身全霊で愛情を注ぐものの、なんだか微妙だなと思うと途端にいろいろ冷めてしまうところがある。ダメだなあと思うけど、仕方がない。今日から「おはなをあげる」ということで北海道は札幌市内に足を運ぶ。片道切符になるために、身の振り方がわからない。札幌は寒いと聞く。わたしは無事に帰れるのだろうか。おはなをご希望される方は、どなた様でもお気軽にご連絡ください。遠方にお住いの方でも、交通費さえ出していただけましたら(その点、甘えてしまってごめんなさい!)世界各国どこでも足を運ぶ勢いだけは大切に守り通したいと思っています!!

 

www.facebook.com

 

言うべきことは言う。

私は牡羊座動物占いは「根が明るい狼」です!】で、かの有名なしいたけ占いさんによると「あなたはジメジメよりも、『言うべきことは言う』とカラッとしたケンカ腰でいるほうがうまくいく」性質があるのだと聞いた。これを聞いたときは「わっかる〜!」と思った。わたしはジメジメした沼的なものがあまり得意じゃない。悩んでいるひとを見ると「いつまでそれをやっているのですか!」とカツをいれたくなる。事実、ごちゃまぜの家に来てくれた方々にも説教的なことをしてしまうことが過去に何回もあった。最近も、遊びに来てくれた女性に結構厳しいことを言ったら、このような感じのメールが届いた。

 

本日、ごちゃまぜの家にお伺いさせていただいた○○○○と申します。

最後に注意されたことは私に足りない部分なのは重々承知しております。また、自分の悪い部分を指摘してくれる人も両親を失ってから初めて出会いました。

数年前、両親も他界し、自分も病気になり、兄弟からは見放され、人間不信になり、一生天井を見つめて生きていくんだろうなあと生きる意味を見失っていたとき、坂爪さんのブログに出会いました。

今は負のオーラしか今は放つことしかできない私かもしれません。

ただ、みんなと一緒に食卓を囲んだとき、勝手に涙が溢れてしまいました。
涙が溢れてきたのは自分でも驚きでした。

本当に菊名の家があったからこそ味わえた一日でした。
坂爪さんや坂爪さんに集まる方々に感謝です。


ありがとうございました。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

このメールを読んで「(この言葉が彼女の本心だとしたら)言ってよかったんだな」と思った。私は思う。年齢を重ねるにつれて、誰も本当のことを言ってくれなくなる。上辺だけを撫でるかのように「ありのままでいいよ」とか「そのままのあなたが素敵だよ」的なことを言うひとら大量にいる。が、わたしはあまのじゃくな人間なので、どうしてもそういう風潮を目にすると「ありのままで言い訳がないじゃないですか!」などと言いたくなる。「変えてけ、変えてけ!ありのままよりレッツ・ダイ!!!」などと言いたくなる。

 

人生最大の罪は「自分をないがしろに扱う」ことである。

この女性に返信をしたら送信エラーで戻って来た。設定のあれだろうか、それとも「言葉尻ではあれだけど、実際のところ、さかつめけいごは嫌われて終わった」だけなのだろうか。どちらでも構わない。ただ、どうしても言いたいことが自分のなかにはある。ので、この女性に送ったメールをこの場を借りて公開(?)させていただきたいと思った。

 

○○○○さん

 

ご連絡をいただきありがとうございます。

返信が随分と遅れてしまって申し訳ありません。

○○さんのなかには、素晴らしい宝が眠っていると思います。
これはただのお願いになるのですが、
自分でその宝を壊すようなことだけは、しないでいてもらえたらと勝手ながら思いました。

○○さんのなかにある宝を、
大切にすることができるのは○○さんだけです。

どうか、自分をないがしろにするのではなく、
自分自身を貴重品を扱うかのように、大切に扱っていただけたらうれしいです。

取り急ぎの返信のみになってしまい誠に恐れ入りますが、
○○さんにとって、素晴らしい日々が訪れますことをお祈りしております。

さかつめけいご

 

実際にこうやって公開をすると「結構恥ずかしいもんだな」と思う。私は思う。人生最大の罪は「自分をないがしろに扱う」ことではないだろうか。私は割と本気で思っているのだけれど、人間ひとりひとりのなかには『ウルトラ素晴らしい宝』みたいなものが眠っていて、ただ、それを生かすことができるのは自分次第。自分が自分を見限ってしまうことほど、人間としてさびしいことはない。だから、生きているといろいろなことがあるけれど、自分で自分を投げ出す【やけくそになる】ことだけはしないでもらいたいなあと、わたしなんぞは勝手に思う。私は思う。年齢を重ねるにつれて、誰も本当のことを言ってくれなくなる。上辺だけを撫でるように「ありのままでいい」とか「そのままでいい」などと勝手なことを言う。わたしは反逆児だから「ありのままでいい訳がないじゃないですか!」などと思う。いまのあなたは自分自身をないがしろに扱っている。それは自分自身に対する冒涜である。宝を無碍に扱うことを許せない。だから、その点を(できる範囲からで構わないから)改めろと言いたくなる。

 

ibaya.hatenablog.com

 

わたり文庫『わたしとあそんで』

f:id:ibaya:20180106102322j:image

 

今回のわたり文庫無料郵送の一冊は、マリー・ホール・エッツ著作『わたしとあそんで』です。坂爪圭吾はちょっと父性が強すぎるところがあるので、せめて、わたり文庫のスペースだけでも(ひとのこころをあたたかくしてくれる作品を紹介することによって)母性的な雰囲気を醸し出し、己の中に眠る父性と母性を華麗に消化&止揚をしていけたらいいなあと思っております。この絵本は最高です。いやもう本当にその通りですねという気持ちになります。ご希望される方は何かしらの方法で坂爪圭吾までご連絡ください。御当選(?)された方には70万時間以内に折り返しご連絡いたします。

 

※※※ こちらの本は、愛知県にわたりました ※※※

 

ああ わたしは いま、とっても うれしいの。

 

とびきり うれしいの。

 

なぜって、みんなが みんなが わたしと あそんでくれるんですもの。

 

マリー・ホール・エッツ『わたしとあそんで』【福音館書店

 

人生とは、自分を楽しませることである。

いま、ごちゃまぜの家の庭に置いてある椅子に座り、太陽をもろに受けながらこの記事を書いている。日光を浴びていると「体内に太陽が蓄電(?)される」みたいな感覚を覚える。もしかしたらいまのおれはめちゃめちゃいい感じの波動を出せているんじゃないだろうか的な気持ちになり、なんなら「さかつめけいごを目撃することはあなたの人生になにかしらプラスの影響を与える(プラスの影響を与える過程で一回殺すこともある)と思いますので、生きているうちに一回は見ておくといいですよ!」的なことを思う。

 

私が人生で大事にしたいと思う形容詞は「清々しい」とか「潔い」とか「痛快である」とか「爽快である」とか、そういう感じの言葉になる。しいたけ占いにもある通り、(ジメジメっとしたものが苦手で)カラッとしたものが好きなのだと思う。乾燥剤みたいなものなのだと思う。しいたけ占いさんは言う。牡羊座のあなたには「周囲にポジティブな影響を与える才能に恵まれています」と言う。同時に「牡羊座のあなたは、周囲からおだてられることで最高のパフォーマンスを発揮します」とも言う。これを見た時は「わっかる〜!」と思った。結局、なんだかんだあるけれどわたしは「ちやほやされたくて生きている」のだと思う。

 

どうしたって人間、生きていると「自分の格好良い部分は見せたいけれど、格好悪い部分は隠したい」的な気持ちになる。が、2018年を迎えたなう、私はこのようなことを思う。「格好いい自分だけではなく、格好悪い自分もさらけ出す。ダメでもいい。それで無敵になる。」のだと思う。ダメでもいいという言葉は、冷静に考えてみると、すごすぎる言葉だ。美しい部分だけではなく、醜い部分も、清濁併せ呑んで「これが自分です」と朗らかに生きる。頭ばかりが優先して働いてしまっているとき、それは「そろそろ自分を楽しませる合図ですよ」ということなのだろう。遊ぶということは、乱暴にまとめるならば『無駄を愛する』精神的な余裕である。毎度のことながら、わたしは思う。人生とは、自分を楽しませることであるということを思う。

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BdlmioDD_3a/

人生とは、自分を楽しませることである。

 

人生は続く。

 

坂爪圭吾 KeigoSakatsume
keigosakatsume@gmail.com
SCHEDULE http://urx2.nu/xkMu   

 

f:id:ibaya:20171016103916p:plain

LINE ID ibaya