いばや通信

ibaya《いばや》共同代表・坂爪圭吾のブログです。

楽しそうに生きている奴が、一番カッコいい。

f:id:ibaya:20210619042830j:plain

 

京都&熱海&逗子を経由して東京にいる。京都を好きになってから日本全国を好きになった。物事には一長一短がある。京都は、守られているが息が詰まる感覚もある。守られていると閉ざされているは紙一重で、人生も同じだ。幸せの檻の中に閉じ込められて苦しんでいる人をたくさん見た。心は鳥だ。鳥は鳥籠で飼うものではないと思う。鳥の幸せは飛ぶことだ。たとえ、それで死ぬことになったとしても。

 

おおまかなスケジュール

6月19日(土)東京

以降、FREE!(呼ばれた場所に行きます) 

 

 

拾った命。

京都では死ぬほどムラキテルミさんのお世話になった。今出川のラマルクにあるシュークリームは世界一美味しい。食べた瞬間好きな人の顔が浮かんで「食べさせたい」と強く思った。西陣のBOULANGE OKUDAにあるクランベリーのパンも常軌を逸していて「ここはパリか」と思った。京都は専門店が多くこだわりも異常だ。東京では功績や効能やこだわりを過剰に宣伝するが、京都は何一つ言わない。看板さえ出さない店もあるが、その中で貫かれているこだわりや美学は恐ろしいほどだ。

 

会話中に何気なくムラキさんが使う言葉に心臓が貫かれる。健康食品などを扱っていると時折ライバル他社や国民に健康になられては困る人々から命を狙わられることがある。普通だったら怯みそうなものだがムラキさんは怯まない。過去に余命三ヶ月と言われた肝臓癌から奇跡的に復活を遂げたムラキさんは「拾った命だから」と笑う。一回死んだようなものだから攻撃をされたって私はへっちゃら、生きている間に世界を少しでも素敵なものにしていけたら素敵よねと笑う。完全に素敵だ。

 

ムラキさんが扱う玄米黒酢を愛用している。現在の私に家はないが家ができたら調味料だけは一等品を揃えたいと願う。良い調味料が揃うと台所が宝石箱に見える。眺めているだけで幸せになる。いいものは人を幸せにする。本物は、それに触れた人間を本物にする。大袈裟に聞こえるかもしれないが、京都は「良い調味料を揃えた台所」みたいだなと思った。豆腐専門店のクオリティが尋常ではない。京都に暮らすと他で食べられなくなるという話をよく聞くが、事実、その通りなのだと思う。京都に暮らすムラキテルミさんが、それでも「やっぱりいい!」と思ったものを扱うエルシャンには本物だけが並ぶ。だからこそ、売れ続けているのだと思う。

 

www.el-sham.com

 

楽しそうに生きている奴が、一番カッコいい。

尊敬している女性の先輩がいる。昨夜、逗子駅で待ち合わせた。葉山界隈にセカンドハウスを構えたから来なさいと誘われたのだ。先輩は頭の先からつま先までお洒落だ。ぬかりがない。かと言って嫌味もない。私は、私を芋だと思っている。新潟生まれのポテトキングはお洒落な先輩に憧れている。先輩は、驚いたことに「車買っちゃった」とか言いながら外車で来た。漆黒のボルボXCシリーズだ。ボルボというチョイスに痺れた。ボルボは「誰一人死なせない」をテーマに物作りをしているらしい。惚れてしまうテーマだ。運転手はもちろん、仮に誰かを轢いてしまったとしても車の構造に最大限の工夫を凝らして与えるダメージを極限まで減らしている頑丈な車に乗る楽しさは大きい。自分は守られているのだという安心感は大きい。

 

実は最近私も京都でベンツを運転させていただいたり、東京で日本に500台しかないミニクーパーに乗せていただいたり、福島でリッター三キロのポルシェを危うく譲り受けそうになったり、札幌でキャデラックのエスカレードに拉致していただく体験をした。私自身は家も金も肩書きもない男だが、私の周りには異様に豪華なものがある。なにもないけど豪華なものに囲まれているのですよと先輩に話したら「私もだよ」と言った。先輩曰く「自分のものだって思うと執着みたいなものが生まれるけど、全部借り物、自分のものなんて本当は一つもなくって全部借り物みたいなものなんだって思えば、気持ちも楽になるしもっとシンプルに人生を楽しもうって思えるよ。やりたいようにやればいいんだって、私はずっと思っているよ」。

 

先輩の家の目の前には海が広がり、ここなら毎日サーフィンができるよと笑った。先輩はサーフィン興味あるのですかと尋ねたら「やったことはないけど超興味ある」と笑った。私も過去に一回しか経験はないが死ぬほど楽しかった記憶として刻まれている。今年の夏は道具一式揃えましょうと約束した。家の鍵を渡すからいつでも使っていいよと言われて私は震えた。サーフ道具一式揃えるため、私は労働をしたいと思っている。誰か私を日雇いで雇ってくださる方がいたらご連絡ください。何でもやります。現在地は東京ですが何処までも行きます。今日から暇です。死ぬまで暇です。楽しそうに生きている奴が勝つ。どんな組織も、どんなグループも、どんなバンドも、最終的には楽しそうにやっている奴らが最強なのだと思う。

 

f:id:ibaya:20210619042858j:plain

 

人生は続く。

 

坂爪圭吾 KeigoSakatsume
keigosakatsume@gmail.com
SCHEDULE http://urx2.nu/xkMu

 

f:id:ibaya:20210529045234j:plain

LINE ID ibaya