いばや通信

ibaya《いばや》共同代表・坂爪圭吾のブログです。

卑怯でケチ臭い癖に化粧だけは濃い人間になるなよ。

f:id:ibaya:20210512173453j:plain

 

しがみつく生き方をホールド、執着をしない生き方をリリースという言葉で表現するなら、ホールドを続ける生き方は苦しい。家も金も地位も名誉も、失わないように必死になるほどにかえって自在さを失ってしまう。リリース【手放す】と言う言葉を思い浮かべるだけで気持ちは軽くなる。呼吸という言葉も、姿勢という言葉も、意識をするだけで体の中心に一本芯が通るような、心地よい緊張感を覚える。

 

おおまかなスケジュール

5月26
(水)福岡界隈

 

以降、FREE!(呼ばれた場所に行きます)

 

 

ホールドするか。リリースするか。 

諸事情が爆発して札幌の家の件は白紙になった。再び棲家を探す必要がある。私の手元にある財産と言えるようなものは、6年前に譲り受けたHONDAのスーパーカブ110だけだ。新しい暮らしを実現できるならどんな暮らしを望むだろう。フィアットとかミニクーパーサイズの車に折り畳み自転車とキャンプ道具を積載して、移動をしながら暮らすのは楽しそうだなあ。中型免許だけはあるからCB400とかSRとかに茶器を積んでエスプレッソジンジャーを配る売茶翁になるのも趣深い。誰か、スーパーカブと交換したい人はいないかな。家とか、バイクとか、車とか・・・。

 

日本に空き家は多い。その一方でマンションはガンガン建つ。空き家があるならそこに住めばいいじゃないかと思うが、持ち主の方々は「もしもこれから何かあったときに家がないと困るかもしれないから」とか「知らない人が使うのはリスクが高いから」などといった理由で、基本的にはホールドをしたままだ。ホールドをすれば安心安全を得る。だが、皮肉なことに「これを失ったらどうしよう」という恐怖や不安も同時に得る。物質的には豊かな日本が克服すべき最後の貧しさは、多分、ここにあると思う。たくさん持っている人が豊かなのではなく、たくさん与える人が豊かなのだ。どれだけ多くのものを持っていても、その人が「まだ足りない、まだ足りない」と思っているのならば、その人は貧しい。世界は奪い合いを続ける。

 

貧しさの申し子である私は、最近炒り玄米にはまっている。よく「小腹が空いたらナッツをお食べ」などと言われるが、我々(一日の食費が150円世代の人間)にとっては「ナッツを買うお金が主食を越える」という現実的・経済的な問題がある。玄米をフライパンで炒るだけで出来上がる炒り玄米はポップコーンのようにポップだ。塩と一緒に食べれば気持ちは完全食だ。バリボリしていると戦時中の味がする。その日の気分によっては空腹はさもしさをもたらすが、体は軽い。健康になりたければ貧乏になれ。これは完全に負け惜しみだが、結構本気でそう思う。衣食住があれば人間は死なない。人生を恐れてはならない。炒り玄米があれば大丈夫だ。

 

卑怯でケチ臭い癖に化粧だけは濃い人間になるなよ。

実は今自室で足湯をしながらこの記事を書いている。絶賛温活中だ。そこら辺に転がっていた発泡スチロールにお湯を加えたら私の両足にシンデレラフィットした。お湯が温くなるたびにガスバーナーで沸かしたお湯を加えているのだが、先ほどアツアツのやかんがふくらはぎに命中をして異様な痣ができた。戦う男の勲章を手に入れた訳だが、人間の体の70%程度は水でできている。甘いものが食べたいとかタバコを吸いたいとか暴れたいとか酒を飲みたいとか、実は、白湯をゆっくり(気が済むまで)飲めば絶対に落ち着く。これは仮説だが、現代人のストレスは水不足だ。水不足を補うために、我々は酒を飲んだりタバコを吸ったり甘いものに手を伸ばす。だが、当たり前だが、酒もタバコも甘いものも、水の代わりにはならない。例えるなら、花にジュースを与えるようなものだ。花に酒を与えるようなものだ。

 

服がないから中古屋に行った。散々迷ったあげく四百円のTシャツを買いかけたが「おいちょっとまて」と思った。お前は本当にこれを欲しいのか。安いから買おうとしていないか。これでいいとか思っているのだとしたら今すぐに止めろ。これでいいならば止めろ。これ『が』いいで生きろ。前のめりになれるものだけで囲め。たかがTシャツだとか考えるな。こういうところなんだよ。こういうところに人間性が出るんだよ。と。自分との心理戦を乗り越えて、私は何も買わずに店を出た。そしてゆっくりと水を飲んだ。よし。そうだよな。本当にそうだよな。これでいいじゃない。これ『が』いいと思えるもので囲まなければ、結局また近い将来全部を捨てたいという衝動に駆られるのだろう。本当に欲しいものだけで人生を囲もう。

 

安い男になるなよ。安い女になるなよ。自分を安売りしたらダメだぞ。他人のイメージの奴隷になったら一発でアウトだ。消費をするのは危険だし、消費されるのも危険だ。何かを欲しがるとき、多くの場合は誘導されているだけだ。自分の本当の望みはモノにはない。それが象徴している精神にある。精神を忘れるなよ。簡単に媚びるような真似はするなよ。打算的な生き方は、長期的には敗北だぞ。卑怯でケチ臭い癖に化粧だけは濃い人間になるなよ。金をホールドしそうになったら「愛をリリース」とか「命をリリース」と念じるといい。天国に持っていけるものは、自分が集めたものではなくて自分が与えたものだけだ。気前よく生きた人間が、気前良い死を迎えるのだ。気前よく生きるとは『出し惜しみをしない』ということだ。

 

f:id:ibaya:20210512173454j:plain

 

人生は続く。

 

坂爪圭吾 KeigoSakatsume
keigosakatsume@gmail.com
SCHEDULE http://urx2.nu/xkMu

 

f:id:ibaya:20210505065440j:plain

LINE ID ibaya