いばや通信

ibaya《いばや》共同代表・坂爪圭吾のブログです。

生きているだけでいい。それ以外はおまけだよ。

f:id:ibaya:20210514085250j:plain

 

大好きな珈琲を思いつきで辞めて一週間経ち、バタフライエフェクトのように人生が大きく動き出した。淹れてから時間が経った珈琲はすえたような酸化した味がする。要するに不味いのだが、あれが体内で行われているのかと思ったら「ちょっと飲むのを控えてみよう」となり、結果的にタバコも肉食も一緒にやめられている。あれだけやめるのに苦労していたタバコを、一切の苦労なくやめられているのだ。

 

おおまかなスケジュール

5月16(日)横浜界隈

以降、FREE!(呼ばれた場所に行きます) 

 

 

健やかな人と病んでいる人の、ただ一点の違い。

愛するムラキテルミさんから贈り物をいただいた。ムラキさんは過去に余命三ヶ月と宣告された末期癌を断食療法で乗り越えたガンサバイバーだ。詳細は世にも美しいガンの治し方に詳しいので、是非、一読してみてください。ムラキさんが扱う大人気商品の一つに「死ぬほど高波動なおせんべい」なるものがある。生命体には意識指数と呼ばれるものがあるらしく、我々一般人は300前後、マザーテレサガンジーレベルが500前後、仏陀やキリストなどの悟りの境地が800前後と言われています。では、このおせんべいの意識指数はどれくらいあるのかというと880あります。880。880ですよみなさま、やばくないですか!?なにそれって感じですよね!!今日は、それを生姜紅茶と一緒にいただいたのですが・・・!!

 

これまでは珈琲のない人生なんて考えられなかった。タバコのない人生なんて考えられなかった。珈琲やタバコが奪われたら生きる喜びをまるごと奪われるように感じていた。だが、実際に珈琲もタバコもない日々を過ごしてみたら「喜びは他にも腐るほどあった」ことがわかった。生姜紅茶に黒糖をたっぷり入れたら最高においしく、おせんべいとの相性も素晴らしかった。ガンの原因はただ一つ、血液の汚れだという。そして、血液の汚れは『食べ過ぎ』と『低体温』が主な原因だと言われている。コロナになり、あちこちで体温検査が行われている。結構低体温の人が多いのだな、と他の人の体温を盗み見しながら感じる。ガン細胞は低体温を好み、35・1℃以下の体温はガンの増殖場と化すらしい。1975年の医師数とガン死者数はほぼ同等の13万人前後で、それから医学は発達したにも関わらず現在は医師数30万人に対しガン死者数は36万人を超えている。誰が見ても何かおかしいよねと思う。

 

珈琲やタバコを辞めて感じたことは無数にある。とにかく動き続けること。ぼーっとしているとタバコを吸いたくなる。だが、動き続けているとタバコのことを忘れていられる。これって何かと似ているなと感じていたが、わかった。身近な人と死別をした時と似ているのだ。何かをしていないと悲しみに飲まれてしまう。虚無感や闇に飲まれてしまう。それらを振り払うように動き続ける。一番効果的なのは掃除だ。拭き掃除をしていると自分の心も清められる。掃除をしながら思った。これまでは自分に与えられることばかりを考えていたが、最近は自分『が』与えられることを考えるようになっている。そして、健やかな人と病んでいるひとの違いはたった一つしかないと思った。それは体調ではない。思考だ。アイデンティティの置き所だ。健やかな人とは、自分のことを健やかだと思っている人のことだ。これは重要だから繰り返す。健やかな人とは、自分を健やかだと思っている人のことだ。

 

www.el-sham.com


 

生きているだけでいい。それ以外はおまけだよ。

これまで、健康を意識することは聖人君子を目指しているイメージがあった。意識が高いというか、完璧主義というか、堅苦しい印象を抱いていた。だが、全然違った。健康=聖人君子ではない。健康=健康。それ以上でもそれ以下でもない。健康になるとは普通になるということだ。普通になるということは健やかになるということだ。この『健やか』というのがポイントだ。健やかだと、生きているだけでいいと思える。生きているだけでいいと思えないならば、あなたは病んでいることになる。病んでいるということは、それはあなたのコアではない。コアは「生きているだけでいいよ」と言っている。それが不調をきたすことが病むということだ。だから、病んでいないことが健康なのであり、それは体調というよりも心の状態だ。

 

 

タバコを吸っていた自分は、タバコを吸うことで考えることから逃げていた。考える手間を省くためにタバコを吸っていた。考えること、自ら決めて動くことは多大なエネルギーを要するため、タバコを吸うことで問題を先送りしていた。ただ、自分で考えて、自分で決めて動いたあとには必ず自分を好きになれる。「俺、やったぞ」という気持ち良さ、清々しさを得ることができる。自分を嫌いでいる時は自分を嫌いでいる努力をしている。自分を好きでいる時は自分を好きでいる努力をしている。真の方向、善い方向、美しい方向、自分を好きになる方向を選び取りたい。

 

 

アイデンティティの置き所を間違えるな。私たちのデフォルトは「生きているだけでいい」のであり、それを否定する言葉は絶対にあなたのコアから出てくる言葉ではない。最近、自分は自分が思う以上に勇敢な男なのではないかと思うようになった。アイデンティティを生きること。ただ、頭の中で「俺は勇敢だ」と思っているだけでは足りない。もしも本当にそのような予感を覚えるのであれば、そのアイデンティティを実際に生きること。これはきっと私だけではないはずだ。あなたはあなたが思うよりも勇敢であり、あなたはあなたが思うよりも明るく元気で健やかであり、あなたはあなたが思うよりもずっと素晴らしい存在だと思う。だが、言葉だけでは足りない。もしもそういう自分でありたいのならば、今、この瞬間からそういう自分を生きること。そのアイデンティティを実際に生きることなのだと思う。

 

 

f:id:ibaya:20210514085251j:plain

 

人生は続く。

 

坂爪圭吾 KeigoSakatsume
keigosakatsume@gmail.com
SCHEDULE http://urx2.nu/xkMu

 

f:id:ibaya:20210505065440j:plain

LINE ID ibaya