いばや通信

ibaya《いばや》共同代表・坂爪圭吾のブログです。

人にはそれぞれトラウマがあるから、憎んだり羨んだりするのは違うよ。

奥武島最終日。マスクって何のためにしているのだろう。コロナから身を守るためというより、人間から身を守るために思える。私は、コロナより集団心理が怖い。ある日、偉い人が今日からマスクを外して良いですよと通達した途端、多くの人々が意気揚々と外す…

いまを精一杯生きるんだよ。

自然界の嵐が沈殿した塵や埃を吹き飛ばし、浄化作用にも似た新しい変化をもたらす。人生の波に翻弄されているような時も、それは必要だから起こっている。必要ないものや古くなったものを捨て去り、ハリケーンのように目まぐるしい変化を目の当たりにしても…

世界が俺だけじゃなくてよかった。

奥武島のテント生活も三日目に入った。基本的に野晒しだが、日々の充実度は高い。快適な家にいる方が憂鬱で、不便な野外にいる方が活発になるのが不思議だ。材料は現地調達になるため毎日ギリギリだが、いよいよ食べるものがなくなったぞとなったタイミング…

輝くことを自分に許可する。

久米島にいる。気がついたら真っ白な禊の装束に身を包まれていた。昨日、譲り受けたものだ。私はこれから白装束を着た状態で奥武島にあるキャンプ場に10日間程度滞在する。出来ることならば皆様に遊びに来て欲しいと願っている。外で食べるご飯は美味しい。…

やりたいことは、全部やろう。

新横浜駅のドトールにいる。久米島在住の方から「誕生日をお祝いしたいのと、4月18日に開催されるイベントに出て欲しいので来てください。片道交通費は出します。無料のキャンプ場があるので18日まで生き延びてください」と連絡をいただき、明後日から沖縄に…

嫌なことやって生きるより、やりたいことやって死のうよ。

大阪から横浜まで急遽とあるブツを運ぶ護送案件の依頼を受け、大阪にいる。与那国では島の別れに遭遇した。春は出会いと別れの季節とも言う。だが、正確には別れと出会いの季節だと思う。別れが先で、出会いはその後。なんだってそうだ。捨てるが先で得るは…

自分を一番否定していたのは自分だった。

久米島を経由して那覇の牧志にいる。久米島ではN様にご招待いただき、小規模なイベントが開催された。N様は、過去にネイティブアメリカンの聖地シャスタのガイドをしていた。私はネイティブアメリカンが好きだ。前に「子育てで重要なことは二つ。翼を与え…

やりたいなら、やろうよ。

与那国島の商店でカップラーメンを買おうとしたら、店内のラジオで「私は50代の女性なのだけどダメージジーンズに興味がある。だけど年齢が年齢だから履くことに抵抗があるのだけれどどう思いますか?」みたいな人生相談が流れていた。安くて量の多いカッ…

大事なことは、出発することだ。

黒島を経由して石垣島にいる。明日は船で与那国島に行くのだが宿泊先が決まっていない。ブログを書いていると時折「死ね」と言われる。いわゆる誹謗中傷という奴だが、安心してくださいと言いたい。お前に死ねと言われなくても、私は必ず死ぬ。死なないよう…

生きられるだけ生きて、ああ愉しかったと野垂れ死ぬぜ。

波照間島の海岸にいる。明日から黒島と与那国島と久米島に行く。非常にありがたいことに「片道交通費だけ出すので来てくれ」と言っていただけたのだ。与那国島は日本最西端の島で隣は台湾だが、S様から「台湾に住むゴダ(私の友達)に愛を叫んで来てくださ…

全部やろう。人間の全部。

石垣島の民宿にいる。今回の旅路のメインは明日からの波照間島で、3月25日以降は人生的に予定がない。基本的に呼ばれた場所に移動をする生活をしている。そこで誰かに会うこともあれば「私の代わりに行ってきてくれ」と身代わり旅行をすることもある。財布も…

愛することは、賭けること。

核爆発が起きて世界が滅亡する夢を見た。SF映画のように警報機が鳴り響いた後、機会音が「核戦争、終了」と最終アナウンスを告げた。私は、咄嗟に身近にいた人物を抱き締めて「愛してる、愛してる、愛してる」と繰り返した。少し離れた場所に兄がいた。兄を…

一人ぼっちの君のために。

南大東島に向かう那覇のフェリー乗り場にいる。今の生き方をしていなかったら何をしていたと思いますかと時折聞かれるが、多分、自殺か発狂をしていたと思う。自殺をしていたらいばや通信は存在していないが、いばや通信を書いている自分は発狂しているのか…

たった一人の反乱。

昨夜は川崎市多摩区登戸のご家庭に泊まらせていただき、明日から沖縄県那覇市に行く。那覇でも宿無しなのでそこはかとなく泊めてくださる方を募集しつつ、緊急事態用のアルミシートを三枚購買して無料のキャンプ場に泊まることも念頭に置いた。珈琲道具一式…

やめられるなら、やめちまえ。

祈り難きを祈る教会を熱海で開いた。アメリカ人のニックさんが「妻があなたのファンだから来た」と言うので、これはサプライズで奥様にお会いしたら面白いんじゃないだろうかと思い、ニックさんに「帰り道に車に一緒に乗せていってください」とお願いしたら…

愛ならずっとここにあるぜ。

和歌山市駅でM様と合流した。この後の予定はなんですかと聞かれたので「人生的に予定はありません」と言ったら、その言葉が妙に響いたみたいで「救われました」と笑ってもらえた。何もしていない自分には価値がないと自分を責めて生きてきたから、こんなに…

踊れない革命はいらない。

神戸で食事に誘ってくださった方が宿を手配をしてくださり、現在は三宮のホテルにいる。明日以降の宿は決まっていない。最近のテーマは「イエスマンになる」ことで、誘われた誘いには全部乗る。たとえ気が乗らなかったとしても、実際にやってみたら想像を超…

敵はいない。全員味方だ。

諸事情が爆発して明日3月11日(木)朝7時京都に高速バスで到着以降暇になった。誰か「本を売ってちょんまげ」とか「話そう」とか「家でゆっくり寝ていきなよ」という方がいたらご連絡ください。高速バスは恐怖だ。疲弊する速度も高速だ。熊野古道に行く予定…

矛盾を肯定してごらん。生きることが楽になるから。

波照間島を経由して石垣島にいる。波照間でお会いした方から「新宿でしか受けられない整体を受けたいのだが、遠方からだと通えないという理由で断られた。だから私の代わりに施術を受けてきて欲しい」と御依頼を受け、明日東京に行く。断食が体に良いことは…

神様は、目の前の人の中にいる。

竹富島を歩いて一周した。市街地を歩くと死にたくなるし、アクティビティに参加するほどリア充でもない。自転車を借りる金がないから歩いて移動をした。結果的に大正解だった。疲れてクタクタになりながら記事を書く。久しぶりの感覚が嬉しい。ああ、俺はボ…

俺だけは言ってやる。お前、結構イカしているよ。

発達障害や自閉症のこどもを持つ方の家に泊まる機会が多い。家に行く前は「我が子は凶暴なので迷惑をかけたらごめんなさい」と言われるが、実際に会うとみんな普通だ。大概可愛い。可愛さが過ぎると病気扱いされるのだろう。私も怪物だと言われる。理解に苦…

お前はこどもがいないのだから、精一杯生きなさい。

名古屋駅前のカフェドクリエにいる。移動は好きだが、自分から逃げることはできない。私は野営や海水浴が好きだ。自然と一体化できる。書くことなどの創造も好きだ。前者には「自分がなくなることでみんなになる」感覚がある。後者には「めちゃめちゃ個人的…

誰一人置いていかない。全員連れて行く。

吾輩は人間である。名前はもうない。死ぬ前に思い切り暴れたい。そんな願望の火の玉になって、残りの人生を駆け抜けたい。生きるってなんだ。生きているってどういうことだ。答えを求めると言うよりは、問いそのものを強烈に叩きつける。自分に、世界に、剥…

最高な人生を贈ろう。

最終日。いばや通信最後の記事になる。6年前の2013年12月8日に「いま、ブログをはじめた方がいい気がする」と直感的に閃き、開設をした。その二ヶ月後、私は同棲していた彼女に振られる形で、ホームをレスした。自分をオープンにしている限り人間は死なない…

人を好きになることを、好きになろう。

残り二日。昔は、人間が嫌いで人間が好きだった。だが、最近は「人間が好きだ」と真っ直ぐに思える。自分が自分をどう思うかが、世界に映し出される。おとなになるということは、自分からひとを愛していけるようになることなのだろう。人から好かれる人には…

あらゆるものは、楽しむためにある。

残り三日。人間関係は、無理をすると続かない。だから、最初が肝心だと思う。あとで爆発するより、最初から「自分にはこういうところがある」と伝えた方が、多分、うまくいく。変わる可能性を内包しながら、現状を伝える。ただ、夢は無理をしてでも叶えたい…

涙が出そうになるくらい生きろ。

残り四日。恥をかくということ。自分を出すこと、自分の「好き」を表現することは、恥をかく覚悟を伴う。自分が一番大事にしている部分は、自分の聖域でもある。だからこそ、その部分が傷つくことは、死ぬことよりも耐え難い苦痛を与える。だが、恥をかくこ…

死ぬ気でやれよ。死ぬから。 

残り五日。私に定期的な収入はないから「どうやって生きているのですか?」と、結構聞かれる。自分でもそう思う。なぜ、俺は生きているのだろう。普通、なにかと引き換えにお金を得る。時間を売ったり、商品を売ったり。だが、私はなにも売っていない。ただ…

君はどこにでも行けるのに、どうしてそこにいるんだい。

新横浜のドトールにいる。三年間くらいごちゃまぜの家(誰でも自由に使える家)を続け、家庭に問題を抱えていたり、諸事情で実家がなくなり年末年始の行き場がない方々など、結構たくさんいることを学んだ。この家は今月限りで活動を終えるが、来年以降も『R…

この世の全ては贈り物。

新横浜のドトールにいる。有名人なら誰に似ていると言われますか。昨日、そんな話題になった。私は、うまく答えられなかった。そう言えば「坂爪圭吾は、あの人に似ているよね」と過去に何度か言われたことがある。しかし、それが誰だが思い出せなかった。た…