いばや通信

ibaya≪いばや≫共同代表・坂爪圭吾のブログです。わっしょい└( ^o^ )┐

ひととひととはわかりあえない。そのことだけは、わかりあえる。

f:id:ibaya:20160613184958j:plain

ラオスのルアンパパーンを経由して、カンボジアシェムリアップに到着した。たまたま予約をしたホテルが日本人宿で、日も暮れた頃、大勢の日本人たちとホテルのラウンジで「みんなで一緒に飲みましょうよ」的なノリが発生した。隣に座った男性が「お兄さんは何をしているのですか?」と尋ねる。私は「えっと、特に何をしているとかはないのですが、ブログを書いたりしています」と答えた。

男性は「へー!日本では、何処に住んでいるんですか?」と尋ねる。私は、話の流れから「ブログ読者の方が、熱海に家を購買してくれた」旨を簡単に話した。これがよくなかった。私の話は完全なネタになり、俺も家が欲しいからブログでも書こうかなとか、お前もブログを書けば家をもらえるぞとか、過去に何億回か体験してきたであろう地獄の時間を過ごした後、私は、その場を離れた。

集団心理と呼ばれるものがあるのかもしれない。多分、あの場にいた人たちも、ひとりひとりとしっかり話をすれば、それなりに心を通わせることもできたのかもしれない。しかし、多数決の原理が働くからなのだろうか、一対多数となった時、空間の雰囲気に私は完敗する。私の中にも「自分を正しく理解してもらいたい」と相手に願う、ある種の甘えがあったのだと思う。

シェムリアップ散歩

f:id:ibaya:20160613190124j:plain

カンボジアシェムリアップには、世界遺産でお馴染みのアンコールワットがある。自分は安上がりな人間だと思う。入場料と体調(数日前から、軽い頭痛が続いている)の関係でまだ足を踏み入れていないのだけれど、ホテルの近所を軽く歩くだけでも、カンボジアの風を感じることができた。こどもたちを眺めるだけで、花を眺めるだけで、晴れ渡る空を眺めるだけで、もう、充分だと思う。

f:id:ibaya:20160613190032j:plain

寺院の木陰で眠るタクシードライバーと、

f:id:ibaya:20160613190434j:plain

アンコールワット風の、近所の寺院。

知識を増やしてはいけない。

f:id:ibaya:20160613190332j:plain

シェムリアップ前に経由してきたラオスも、非常に素晴らしい環境だった。ルアンパパーン空港から市街地まで徒歩で向かう途中に「オールドブリッジ」という名前の、文字通り、非常に古い橋が架かっている。車の通行が許されていないこの橋を、現地のひともバイクで通過していくその傍らを、徒歩で渡っているのは、自分ひとりだけだった。たったそれだけのことが、強く、心に残る体験になった。


ありあまる知識は思い込みや先入観を増やし、ありあまる経験は瞬間の新鮮さを失わせる。どれだけ多くの知識を集めたとか、どれだけ多くの経験を重ねたとか、スタンプラリーを集めるような日々であることより、まだ、何もない、生まれたばかりのこどもの視点を、いま、生まれてはじめて目の当たりにした時の、あの、新鮮さを、積み重ねるよりも、積み減らすことを、私は、基点は「ゼロ」に置いていたい。

ひととひととはわかりあえない。そのことだけは、わかりあえる。

自分のことを正しく理解してもらいたいと願うことは、多分、甘えだ。そして、理解をしてもらいたいと思っておきながら、同時に、理解されてしまった(何かに括られてしまった)瞬間に「違うし!それだけじゃないし!」と、また別の自分が顔を出すことも頻繁にある。きっと、ひととひととはわかりあえない。ただ、わかりあえないという、そのことだけは、わかりあうことができる。


違いを許容すれば「正しさの幅」が生まれ、違いを許容できなければ「正しさの争い」が生まれる。稀に、出会うひとから「坂爪さんのようには生きれないけれど」と言われることがあるけれど、自分のように生きる必要など、微塵もないのだと思う。最近は、「自分みたいになれ」ではなく「あなたの代わりに生きている」という表現が、腑に落ちる。私は、あなたの代わりに生きていて、あなたは、私の代わりに生きている。あなたは、もうひとりの私で、多分、私は、もうひとりのあなただと思う。


バンコクでイベントを主催してくれたまさみさんのツイートと、後日、まさみさんから届いたメールを読んで、自分が大切にしていきたい感情を思い出した。あなたのすべてを理解することはできないけれど、あなたが覚えたその「感情」ならば、過去に自分も似たようなことを思ったことがある。だからなのだろうか、その気持ちが、とてもよくわかる。ひととひととはわかりあえないかもしれないが、しかし、感情は伝染する。私がしていきたいと思うことは、自分を触媒とした「幸福感」の伝達だ。




坂爪さん

こんにちは!
今頃はカンボジアの風に吹かれている頃でしょうか?

先週は本当にありがとうございました。
坂爪さんたちと別れた夜には、また別のお客様が日本から来て、バタバタと過ごした1週間でした。
バタバタだけが要因でなく、自分に起こっていることをなかなか言葉にできずにおりました。

しかし、その合間にも、いろんな方が感想を伝えてくださったり、ブログにかいてくださったり、あの日出会った方とお茶をする約束をしたりと、後からもたくさんのギフトをいただけた1週間でした。

「わたりカフェ」、企画しだした当初は、実はちょっと「やらねば」という気持ちがありました。

しかし、「うまくやろうと思わず、楽しんでやろう!」と思えたところから、ようやくワクワクが始まった気がします。「楽しく」は、私の課題なんです(笑)

皆さんと会うまでは、いろいろ話をしたいと思っていたのですが、始まって、いらっしゃった方たちの様子をみてたら、なんか良い意味で「どーでもよく」なっていました。(笑)
坂爪さんとちょっと離れたキッチンからの眺めを一緒に見て、幸せな気持ちを共有させてもらえた、あの瞬間だけで私の気持ちは「満腹」だったんじゃないかと思います。

満腹だと、あとは全部溢れていきますね(笑)

結果的に、皆さんがいろんな気づきを持って帰って下さったり、良い気持ちになってくださったり。

それを後日伝えていただいたことで、時間の経過につれ減ってくるお腹を、また満たしてもらえました。^ ^

なんという循環!!!

これが「わたりカフェかー!!!」と、身をもって体験しました。


お話会では、「稼ぐの苦手なんで」と、テヘヘと笑う皆さんの様子を見て衝撃を受けました。

私もそうなんですが、こういうのすごく抵抗があったんです。
でも!
いいのかー!!!
苦手なんでって、いっちゃえばいいのかー!!!

すごく気が楽になりました。

今、1週間経っても、思い出すと、すごく幸せな空気に包まれているのを感じます。

日本に帰っても、この幸せな感じを忘れたくないです。親子共々。

本当に素敵な時間をありがとうございました!

ではではまた日本でお会いできる日を楽しみにしております。

それまでは、濁らずこのままいけるように、残りのバンコク生活楽しみたいと思います!

それでは、良い旅を!

まさみ



f:id:ibaya:20160613185020j:plain

人生は続く。

静岡県熱海市伊豆山302
坂爪圭吾 KeigoSakatsume
TEL 07055527106 LINE ibaya
MAIL keigosakatsume@gmail.com