読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いばや通信

ibaya≪いばや≫共同代表・坂爪圭吾のブログです。わっしょい└( ^o^ )┐

神様とは、自分自身である。

f:id:ibaya:20151231080312j:plain

岡山県を経由して鳥取県にはいり、三朝温泉中屋旅館(名物オンドルはガン患者必見!)に宿泊をして、翌朝、風情漂う倉吉白壁土蔵群の喫茶店で石臼珈琲なるものを発見した。中屋旅館のオンドルは世界屈指!素晴らしい!と非常に評判で、横になるだけで邪気や疲労が吹き飛ぶばかりか、ガンやアトピーなどの病気を治癒(?)する力もあるのだと聞いた。

f:id:ibaya:20151231091816j:plain

石臼珈琲は、ほんとうに石臼で様々な豆を挽いていた。電動ミルなどでは、高速処理で生じる熱のために風味を損なう場合もあるが、石臼を用いることで、味や香りを落とすことなく、食物繊維を壊さずにそのままの風味を維持することができると言う。単純にビジュアルが素敵だ。私は、熱海の家を完全無料の図書館&喫茶店&宿泊施設にしたいと思っている(誰か喫茶店を手伝ってください)ために、石臼珈琲は名物候補のひとつになった。

f:id:ibaya:20151231081205j:plain

珈琲豆と共に、玄米や黒豆も一緒に挽いた珈琲もある。

f:id:ibaya:20151231081449j:plain

砂糖代わりに添えられた小豆がお洒落だ。喫茶店は素敵だ。そして、喫茶店は出逢いの広場でもある。珈琲を飲んでいたら、鳥取県で建設会社を営んでいる社長様とお話をする機会に恵また。そして、あろうことか、話の流れで熱海の自宅の壁を新しく塗装してくれる(!)ことになった。なんということだろう。社長様曰く「私も築88年の家には興味があるのです」とのこと。塗装してもらえることはもちろんうれしいが、何より、社長様の人柄がほんとうに素晴らしくて、美しいものに触れた後に感じる清々しさに私の心は(山陰地方特有の雲を突き抜け)晴れ渡った。

f:id:ibaya:20151231081934j:plain

熱海の自宅に戻ると、奈良県から小包が届いていた。開けてビックリ「バスソルト&オーガニックシャンプー」がはいっていた。過去記事にも書いたように、現在の私は絶賛療養中である。療養の友は生姜である。私の毎日は生姜紅茶で構成されている。そして、こちらのバスソルト、香りはブリリアント・ジンジャーである。流石である。分かっていらっしゃる。男の日常にバスソルトが追加された。


f:id:ibaya:20151231082235j:plain

横浜からも一冊の本が届いた。添えられた手紙には「いつもブログを楽しみにしております。坂爪さんのところに集う子育て中の方々にもぜひ読んで欲しいなと思う本です。一冊で恐縮ですが、お役に立てればと思います。小学生の娘も「これはいい本だよ」と申してますので、よろしくお願いします。本以外の物も、お送りしようかとあれこれ考えましたが、これからの熱海の活動で実際に動かれてから、あったらいいな、必要だなというものが出てくると思いましたので、ブログなどでまた拡散していただけたらと思います。お送りできるものがあれば、またその時送らせていただきます。御体にはには気をつけて、良い年をお迎えください」と書かれていた。

私は、優しさに感動した。絶対にこの本は最高の形でリレーをしてみせると勝手に宣誓した。多分、育児とはお母さんだけの問題ではない。本のタイトルは「骨盤育児」だが、腰を丸めて下を向く姿勢の人はネガティブな思考になりやすいとか、いいたいことを我慢していると胸骨周辺の筋肉が硬くなって肋骨がつまったようになる、など、育児中ではない人が読んでも(育児中のひとに対する理解を深めるという点でも、それ以外の点でも)非常に興味深い内容になっている。

今年が終わり、来年が始まる。


今日は2015年の大晦日になる。これから、我が家に6人もの来客が訪れることになっている。東京から、静岡から、新潟から、茨城から、福岡から、なんだかもう訳がわからないことになっているけれど、そういう大晦日も別に悪くないのだと思う。餅を食べよう。伊豆山神社に初詣に行こう。家の近くに「走り湯」という秘境的な由緒正しい(?)温泉があるらしいから、そこにも行こう。暇さえあれば歩いてみよう。来宮神社や熱海七湯を巡ってみよう。最高と名高いMOA美術館にも足を運ぼう。晴れた日には海岸沿いを経由して、熱海城まで歩いてみよう。

私には何もない。私には何もないけれど、私には「これが足りない」という思いもない。何もない、がある。何もない私に、様々なひとが、様々なものを与えてくれる。そして、私は、何もないからこそ、このような形で生きることが許されているような気がしている。私には何もない。何もない、がある。熱海の家には何もない。ただ、何もないがあるだけだ。その『何もない』という標的を目掛けて、様々なものが、様々な形で(時には本当に素晴らしい形で)飛び込んでくる。

2015年という一年を過ごして、私は、神様とは自分自身ではないだろうかと思うようになった。何かの答えを、自分の外部に求めてはいけないということ、自分の内部に必要なものはすべて備わっていて、あとはそれを思い出すだけで良いのだということ。私たちはとっくの昔から完璧で、多分、これからも完璧であるということ。そのままでいいし、そのままがいいということ。今年が終わり、来年が始まる。皆様も、素晴らしい年をお迎えください。


f:id:ibaya:20151231091808j:plain

人生は続く。

静岡県熱海市伊豆山302
坂爪圭吾 KeigoSakatsume
TEL 07055527106 LINE ibaya
MAIL keigosakatsume@gmail.com
広告を非表示にする