いばや通信

ibaya≪いばや≫共同代表・坂爪圭吾のブログです。わっしょい└( ^o^ )┐

都知事選を終えて。 ~北風よりも太陽になろう~

都知事選が終了した。家入さんの選挙ボランティアに参加して感じた3つの違和感というエントリを投稿したら、各種SNSでも拡散されて3万PVを超える反響があった。

賛否両論あり、「こういう内側の声が聞きたかったんだ」「気持ちを代弁してくれてスッキリした」「家入さんへの愛を感じる」等という好意的な意見もあれば、「家入信者め」「バカは見る目がない」「お前が出ろよ」「学校で何を学んできたの?」「お前の違和感が違和感だよ」「目をキラキラさせたバカって感じ」「頭がおかしいんじゃない?」等という批判ももらった。「頭がおかしいんじゃない?」という批判には思わず笑ってしまった。大正解かもしれない。

貴重な体験だった。これだけの数の人に自分の意見を目にしてもらうのは初めての体験だった。これだけの批判を集めたのも初めてだった。私の投稿を利用して家入さんを叩く人もいた。インターネットの恐ろしさを感じると同時に、その可能性も同時に感じた。家入さん本人からもツイッター上でレスをもらった。

他にも、ボランティアスタッフの方や、選挙プランナーの方からも驚いたことに直接電話をいただいた。家入さんを代表として、皆、本当に真摯に誠実に対応してくれた。反響が反響を呼び、新聞記者の方からも取材をしていただいた。私は感じていることを正直に話した。私が感じていることはただひとつ、「北風よりも太陽になろう」ということだ。

①北風よりも太陽になろう。太陽は、自発的に行動する人を増やす。

文章を砕く。突然砕く。家入さんが都知事選に出馬したと知った時、私は爆笑した。心から爆笑した。「まじかよ!」と思った。これはギャグだと思った。まさか本当に出馬するとは思わなかった。「こいつ、このまま行きやがった!」ってまじで度肝を抜かれた。
私の中の欧米人が「OMG!(オーマイガッ!)」と叫んだ。それ位笑った。そして、ふと、自分がとても楽しい気持ちになっているのを感じた。胸がワクワクしてきて、あらゆるハードルが一気に下がった気がして、そして自分を含めたこれからの未来がとても楽しみになった。

この
「OMG!(オーマイガッ!)」という従来の常識を根底から覆す笑いとワクワクこそが、家入さんが与えてくれた最高の果実だと私は思っている。

家入さんが本当に素晴らしいのは、「自発的に行動する人を増やした」という一点に尽きる。私は、これが未来だと思った。まず、家入さんは先陣を切って「都知事選に出馬する」という身体を張ったギャグをかました。それを見た一部の人間は「まじかよ!」と脳天を貫かれ、私達の心の中に眠る欧米人達が一斉にスタンディングオベーション「OMG!(オーマイガッ!)」って輪唱して、そして自由を獲得した。それは「本当は誰だって何かをすることができる」という自由だ。この自由を生み出した家入さんの最高にユーモラスな生き様を見て、自発的に行動する人たちが一気に増えた。これが未来だ。強制的に何かをやらされるのが過去で、自発的にやりたくなるのが未来だ。それを私は感じ取って大興奮して、やがて家入さんのボランティアに登場して粉砕してブログを書いたら驚くほどのディスりを受けて、改めてこの記事を書いている。

イソップ童話に「北風と太陽」 という物語がある。北風と太陽が、どちらが先に旅人の服を脱がせることができるか勝負をする。北風は激しい風を吹きつける。吹きつければ吹きつけるほど、旅人は自分の服をつかんで離さない。それに対して太陽は、燦燦と旅人を照りつけた。旅人は
暑さに耐えることができず、自分から進んで服を脱いだ。

今の社会はほとんどの人が北風で、「あの候補者はクソだ(だから俺に投票しろ)」とか「投票に行かない奴はクソだ」とか「若者は政治に関心がないからクソだ」とか、常に誰かが誰かをディスっている。だから社会がこんなに息苦しいわけで、まるで余裕がない。微塵もない。常に曇天で非常に息苦しい。そこに家入さんが登場して、おや、これはまじで何かが変わるんじゃねえのか?と思った人たちがそこに希望や未来を感じた。
強制的に何かをやらされるのが過去で、自発的にやりたくなるのが未来だ。家入さんは他人をディスる北風じゃなかった。家入さんはこの世の中に現れた最高にユーモラスな太陽だった。

繰り返す。今の世の中はまじで北風が多い。「個性的であれ」とか言いながら、何か人と違ったことをすると「普通が一番」とか「常識に従え」とか「目立ちたがり屋め」とか即座にディスる。一億総北風で、まるで太陽がいない。北風たちは常に「ああしろ」「こうしろ」「こうあるべきだ」と私たちの自由を奪う。太陽は違う。
家入さんが最高に素晴らしいのは、「自発的に行動する人を増やした」という一点に尽きる。強制的に何かをやらされるのが過去で、自発的にやりたくなるのが未来だ。

何をしたって批判はつきまとうが、批判を相手にしている限り自分も北風になるしかなくなってしまう。北風は無視しよう。そして太陽になろう。これが家入さんが与えてくれた最高のメッセージであると私は感じていて、自らにもそう言い聞かせている。
ああしなさいとかこうしなさいとかじゃ世の中は何も変わらなくって、自分から動き出したくなるような、自発的に何かをする人が増えていくことが未来なんだって自覚して、OMGを意識して、北風よりも太陽になろう。

****************************
坂爪圭吾 KeigoSakatsume/ibaya
Facebookhttps://www.facebook.com/keigosakatsume
twitterhttps://twitter.com/KeigoSakatsume
ibaya:https://www.facebook.com/ibaya.jp
****************************

広告を非表示にする